にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
前回のモハ102関連につづいて、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系 初期型非冷房車で、ウグイス色のモハユニットも入手することができました。
(写真1 TOMIX 103系 初期型非冷房車 モハユニット)
TOMIX 103系 初期型非冷房車 モハユニット

わずかに時間もできたので、先にある車両と連結しても違和感がないように、2両とも屋根とベンチレーターの塗り替えも早々に行いました。
しばらくは、京浜東北線との混色編成になりそうですので、横浜線のイメージになるかと思います。
(写真2 TOMIX 103系 屋根上の塗り替え)
TOMIX 103系 屋根上の塗り替え

モハ102については、捻出された動力ユニットを早速使ってみることにしました。
(写真3 TOMIX 103系 非冷房車 ウグイス色)
TOMIX 103系 非冷房車 ウグイス色

この2両についても、近いうちに室内灯を入れて、点灯するようにしていきたいと思っています。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系の京浜東北線は、6+4の10両編成で、ATC、非冷房車の各基本セットが組み込まれているため、動力車が2両となっていました。
通常の走行では1Mで十分なことから、いつかは、初期型非冷房車のモハ102の動力を、動力のない床下+台車と差し替えたいと思っていましたところ、ようやく安価な中古品に出会ったことから、それが実現することとなりました。
(写真1 TOMIX 国鉄 103系通勤電車 初期型非冷房車)
TOMIX 国鉄 103系通勤電車 初期型非冷房車

交換は、ただ差し替えるだけですので、自作の室内灯もそのまま移して、作業は完了です。
(写真2 TOMIX 103系 初期型非冷房車 モハ102)
TOMIX 103系 初期型非冷房車 モハ102

ちなみに、モハ102の非冷房車と冷房車の床下は、KATOの103系同様に、作り分けられています。
(写真3 TOMIX 非冷房車と冷房車のモハ102床下)
TOMIX 非冷房車と冷房車のモハ102床下

せっかく、6+4(7+3)で1Mが実現したところではありますが、10両貫通編成も組める中間車があるのでクモハ103、クハ103を別に活用した編成を、余剰となった動力も含めて考えています。
(写真4 京浜東北線の10両貫通で別にした非冷房車)
京浜東北線の10両貫通で別にした非冷房車

103系は、いろいろなバリエーションがあって、楽しさがいっぱいだと思います。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の5回目・最終回です。

まずは、“箱根”をテーマにした「芝学園 技術工作部」の作品です。
高低差のある迫力のジオラマになっています。
(写真1 芝学園 技術工作部)
芝学園 技術工作部

箱根登山鉄道をイメージした風景の中には、ロープウェイも見られるなど、箱根を1畳の中に凝縮しています。
(写真2 箱根登山鉄道をイメージしたジオラマ)
箱根登山鉄道をイメージしたジオラマ

山を下りてくると、箱根湯本駅とわかる駅もあります。
小田急のロマンスカーも到着しています。
(写真3 箱根湯本駅とロマンスカー)
箱根湯本駅とロマンスカー

つづいては、“中央本線”をテーマにした「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
勝沼ぶどう郷駅をメインにしています。
(写真4 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

レイアウト全体は、甲府盆地を意識したのどかな景色となっていますが、桜が咲くシーズンという設定で、とても明るいイメージです。
(写真5 勝沼ぶどう郷駅など)
勝沼ぶどう郷駅など

ジオラマの前には、同駅の列車案内が表示されるモニターも設置されていました。
(写真6 ジオラマ前のモニター)
ジオラマ前のモニター

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、5回にわたり掲載してきましたが、今回で最終回となります。
なお、モジュール部門と同様に、写真が撮れているものは、すべての参加団体(校)を掲載しています。しかしながら、出展はとても多く、限られた時間の中であるため、残念ながらご紹介ができなかった団体がありましたら、どうかご容赦いただければと思います。
先日、KATO(鉄道模型・Nゲージ)のE233系3000番台(上野東京ライン)が10両そろったという記事を掲載しました。
それに関連して、E233系1000番台 京浜東北線(KATO)、E233系3000番台・E231系1000番台 東海道線(KATO)・E217系 横須賀線(TOMIX)・E259系 成田エクスプレス(KATO)を簡易に並べてみました。
(写真1 Nゲージ 京浜東北線・東海道線・横須賀線)
Nゲージ 京浜東北線・東海道線・横須賀線

数年かけて、京浜間のJR線の通勤・近郊型電車がだいぶ充実してきましたけれど、東神奈川駅~横浜駅間では、根岸線に直通する横浜線も京浜東北線を走行しますので、いずれは、E233系6000番台もほしいなと思うところです。
(写真2 KATO E233系 京浜東北線・東海道線)
KATO E233系 京浜東北線・東海道線

あまり無理はできませんけれど、そろって間もないE233系3000番台にも、できるだけ早くに室内灯を取り付けたいと思っています。
なかなか調子がよくならず、更新間隔が開いてしまうことが続いていて申し訳ありません。
今回も、鉄道模型コンテストの話題の続きで更新します。

2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の4回目です。

1校目は、信越本線横川駅付近など“碓氷峠”をテーマにした「桐蔭学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
横川機関区(横川運転区)をイメージして、たくさんの電気機関車や客車などが見られます。
(写真1 桐蔭学園高等学校 鉄道研究部)
桐蔭学園高等学校 鉄道研究部

横川駅付近ということで、峠の釜飯で雰囲気を盛り上げています。
(写真2 碓氷峠・横川駅付近をテーマにしたジオラマ)
碓氷峠・横川駅付近をテーマにしたジオラマ

2校目は、“春告ぐ鶯、桃を経ちて”というタイトルの「京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部」の作品です。
レイアウト上の奈良線で活躍する103系や205系などの車両が、イメージした風景の場所をアピールしているようです。
(写真3 京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部)
京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部

主に住宅地の中を列車が通っていきますが、切り通し区間なども作られています。
(写真4 切り通しの区間)
切り通しの区間

3校目は、“山の中をループする、大きなレイアウトの「東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部」の作品です。
最上段の鉄橋から、トンネル区間(地下)まで、高さを変えて複数の線路が通っています。
(写真5 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

いろいろな列車が、トンネルから出てきたり消えたりして、おもしろい設定となっています。
(写真6 いろいろな列車が出てきたり消えたり)
いろいろな列車が出てきたり消えたり

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、次回が最終回となります。