にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)E231系500番台山手線は、増結セットAの4両を入手して、東トウ551編成・11両が揃いました。
(写真1 KATO E231系500番台山手線)
KATO E231系500番台山手線

1両重複して長いこと8両でしたが、これを解消して、コンプリートとなりました。
(写真2 E231系500番台 山手線 増結セットA)
E231系500番台 山手線 増結セットA

増結セットAには、4号車で弱冷房車のサハE231-551も含まれています。
(写真3 KATO サハE231-551 弱冷房車 4号車)
KATO サハE231-551 弱冷房車 4号車

あとは、この編成についても、自作の室内灯を入れていく作業となります。
京浜東北線の沿線をイメージしたジオラマ作りの準備は、トミーテック(鉄道模型・Nゲージ)ジオコレ 「公民館・図書館」を新たに入手しました。
(写真1 トミーテック ジオコレ 公民館・図書館)
トミーテック ジオコレ 公民館・図書館

各市や区などにある現在でも一般的な図書館のイメージです。
(写真2 公民館・図書館 入口付近)
公民館・図書館 入口付近

建物の裏手には、自転車置き場があり、自転車も2台別についています。
(写真3 自転車置き場と自転車)
自転車置き場と自転車

ちなみに、ジオコレですので、建物は簡易の組み立て式です。
(写真4 公民館・図書館 パーツ構成)
公民館・図書館 パーツ構成

シールもついていますので、もう少し、それらしくもできます。
(写真5 付属のシール)
付属のシール

街づくりの方も、緩やかなペースで進めていきたいと思っています。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)クモハ73形 近代化改造車(単品・旧製品)の方向幕白色点灯化改造を行い、鶴見線・全金車編成のクモハ73形と同じような点灯となりました。
また、併せて、京浜東北線や横浜線(根岸線直通)に見立てた“磯子”の方向幕シールを貼り付けています。
(写真1 TOMIX クモハ73形 方向幕白色点灯化改造)
TOMIX クモハ73形 方向幕白色点灯化改造

方向幕と運行番号の白色点灯化はシンブルで、基板のチップLEDを白色のものに(抵抗も)交換して、ヘッドライトへの光の通り道にオレンジ色のフィルムを重ねて貼りました。
(写真2 クモハ73形 ライトユニットと基板の改造)
クモハ73形 ライトユニットと基板の改造

大きな変更をともなっていないため、車体にライトにユニットがすんなりと収まります。
(写真3 TOMIX クモハ73形 ライトユニット)
TOMIX クモハ73形 ライトユニット

極性が反転し進行方向が変わっても、方向幕とテールライトが、きちんと点灯します。
(写真4 73形 方向幕白色点灯化とテールライト)
73形 方向幕白色点灯化とテールライト

可部線セットなど古いタイプのクモハ73形 近代化改造車には、ライトユニットに電球が入っていますので、白色化と発熱を抑えるために、同様に、交換をしていきたいと考えています。
昨日の記事の続きとなります。
西鉄二日市駅を出発した列車は、単線の線路を進み、やがて次の五条駅に到着します。
中間となるこの駅で、対向列車と交換します。
(写真1 五条駅での列車交換)
五条駅での列車交換

その後に、2駅目が終点の太宰府駅となります。
ここでは、駅と観光列車がとてもきれいにマッチします。
(写真2 太宰府駅の太宰府観光列車「旅人」)
太宰府駅の太宰府観光列車「旅人」

駅名看板(駅名標)も、荘厳なデザインです。
(写真3 太宰府駅・駅名看板)
太宰府駅・駅名看板

もちろん、駅舎全体も、天満宮の玄関口してふさわしい作りになっています。
(写真4 太宰府駅)
太宰府駅

いよいよ、ここから天満宮に向かいますが、駅前からすぐに参道となります。
もう一つ目の大きな鳥居までの間に、たくさんのお店が両サイドに並びます。
(写真5 太宰府天満宮 参道の入口)
太宰府天満宮 参道の入口

その(案内所のある)鳥居をくぐって、直角に曲がると、太鼓橋へと続きます。
(写真6 太鼓橋)
太鼓橋

太鼓橋の下・左手は、心字池になっていて、こちらも、とてもきれいでした。
(写真7 心字池)
心字池

そして、お手水で清めて桜門を入ると、いよいよ正面に御本殿となります。
(写真8 太宰府天満宮 御本殿)
太宰府天満宮 御本殿

少し早めの時間に着きましたので、はじめはゆっくりできましたけれど、しばらくすると、みるみるうちに人が増えてきて、参拝者で長蛇の列となりました。

亀戸天神社(東京都江東区)で、いつかは太宰府をお参りしたいとお願いしていましたから、西鉄の乗車も含め、ようやく訪れた機会はとてもうれしいもので、また、ぜひとも行きたいと思う場所の一つとなりました。
今月上旬に、九州へ用事で出かけたことを書きましたが、自由になる短い時間の中で、太宰府天満宮(太宰府駅)まで行くことができて、初めての西日本鉄道(西鉄)に乗車しました。

まずは、西鉄福岡(天神)駅から、特急で太宰府線への乗り換え駅である西鉄二日市駅まで行きました。
降車後、同線のホームへ向かうと、太宰府観光列車「旅人」(たびと)という、きれいなラッピング列車が待っていました。
(写真1 西鉄 太宰府観光列車「旅人」)
西鉄 太宰府観光列車「旅人」

5両編成の列車は、各号車ごとに、菅原道真公や太宰府などにちなんだデザインとなっています。
(写真2 観光列車「旅人」5号車側面)
観光列車「旅人」5号車側面

例えば、1号車は、“「竈門神社」と「紅葉」”というテーマになっています。
(写真3 車体のラッピング)
車体のラッピング

車内も太宰府を感じる工夫があって、3号車には“竈門神社の祈願箱”が設置されています。
(写真4 竈門神社の祈願箱)
竈門神社の祈願箱

その向かいには、乗車記念のスタンプも用意されていました。
(写真5 3号車の乗車記念スタンプ)
3号車の乗車記念スタンプ

短い区間の太宰府線ですが、こんな楽しい列車に乗って、太宰府天満宮へ向かいます。
(写真6 西鉄二日市駅の駅名看板)
西鉄二日市駅の駅名看板

“西鉄 太宰府観光列車「旅人」と太宰府天満宮”は、次回に続きます。