にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年10月11日(土)・12日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園にて、第21回 鉄道フェスティバルが開催されました。このうち、会場にお出かけした2日目の様子からの続き3回目です。

昨年の記事にコメントをいただいていたので、どこかにいるはずと探していましたところ、午後になって有名な猫たちに会うことができました。相変わらず大人気です。ただ、主さんどちらに・・・?
(写真1 今年も出会えた有名な猫たち)
今年も出会えた有名な猫たち

そのとなりのJR九州のブース近くでは、特急あそぼーい!のキャラクター犬“くろちゃん”も大人気でした。
(写真2 JR九州のキャラクター犬 くろちゃん)
JR九州のキャラクター犬 くろちゃん

向かいには、熊本県をPRするコーナーがあり、「鉄道王国熊本」ということで、“くまモン”と記念撮影ができるコーナーも順番を待つ人でいっぱいでした。
(写真3 熊本県のコーナーから)
熊本県のコーナーから

そこでは、熊本県を紹介するパンフレットともに、くまモンカレンダーの無料配布もあり、並んでもらってきました。
(写真4 くまモンカレンダー配布)
くまモンカレンダー配布

カレンダーといえば、こちらは販売となりますけれど、JR東日本の「東京近郊路線図カレンダー」は、今年もありました。
(写真5 JR東日本 東京近郊路線図カレンダー2015)
JR東日本 東京近郊路線図カレンダー2015

それから、ちょっと気になっていたのは、JR貨物のタオルです。EH500・金太郎が描かれたすてきなものでした。
(写真6 JR貨物のタオル)
JR貨物のタオル

第21回 鉄道フェスティバルの話題は、あと3回の掲載を予定しています。
2014年10月11日(土)・12日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園にて、第21回 鉄道フェスティバルが開催されました。このうち、会場にお出かけした2日目の様子からの続き2回目です。今回は、鉄道部品販売を中心に掲載していきます。

まずは、京都市交通局のブースからです。市営地下鉄や市バスの部品がたくさんありました。
午後の遅い時間に再度訪れたところ、ほとんど売り切れていました。
(写真1 京都市交通局ブースから)
京都市交通局ブースから

つづいては、名古屋鉄道のブースからです。系統板や種別板などを販売していましたが、こちらも、どんどん売れていたようです。
(写真2 名古屋鉄道ブースから)
名古屋鉄道ブースから

さらに、京阪電気鉄道のブースでは、方向幕のグッズなども人気で、鉄道部品としては、ヘッドマークなどたくさん並んでいました。
(写真3 京阪電気鉄道ブースから)
京阪電気鉄道ブースから
(写真4 鉄道部品の販売展示から)
鉄道部品の販売展示から

このほかにも、車番や圧力計などもありました。
(写真5 車番や圧力計など)
車番や圧力計など

一方、東京都交通局のブースでも、時間によっていろいろな鉄道部品が登場していました。
最後は、都電荒川線関係のものが販売されていました。
(写真6 東京都交通局ブースから)
東京都交通局ブースから

第21回 鉄道フェスティバルについては、他の話題を入れながら続きます。
2014年10月11日(土)・12日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園にて、第21回 鉄道フェスティバルが開催されました。このうち、会場にお出かけした2日目の様子からです。

このイベントでは、とても気になった東急電鉄のキャラクター“のるるん”のリュック(バッグ)ほか、いろいろな鉄道関連グッズの販売がありました。
(写真1 東急電鉄キャラクター のるるんのリュックサック)
東急電鉄キャラクター のるるんのリュックサック

この連休は、台風の影響が心配されましたけれど、東京は接近前のとてもよい天候に恵まれて、大変多くの人で賑わっていました。
(写真2 鉄道フェスティバルの看板)
鉄道フェスティバルの看板

今回は、キャラクターの着ぐるみがあまりいませんでしたが、インパクトのある“京成パンダ”は、愛嬌を振りまいていました。
(写真3 京成カードのキャラクター 京成パンダ)
京成カードのキャラクター 京成パンダ

野外音楽堂では、いろいろな楽しいイベントが企画されていて、中でも特にきかんしゃトーマスキャラクターショーは大人気で、とても盛り上がっていました。
(写真4 野外音楽堂でのイベントから)
野外音楽堂でのイベントから

都営三田線・内幸町駅寄り、関東の私鉄ブース前付近では、今回も京浜急行電鉄の有名な“あの方”をはじめ、鉄道会社の社員さんたちがイベントを盛り上げていました。
(写真5 関東の私鉄ブース前付近の様子)
関東の私鉄ブース前付近の様子

どこも、人でいっぱいの中、(2日目)やや閑散としていたのは、阪急や阪神電鉄などの鉄道コレクションの特別販売ブースでした。商品もかなり残っていて、少し驚いてしまいました。
(写真6 鉄道コレクション 特別販売ブース)
鉄道コレクション 特別販売ブース

第21回 鉄道フェスティバルの鉄道部品やグッズの販売、そのほかイベントの様子などを何回かに分けて掲載していく予定です。

本日は、このほかに「JR東日本横浜支社 ハマの電チャンのメモ帳 非売品」と、「マクドナルド ハッピーセットプラレール 2014年秋」の記事があります。
2013年10月12日(土)・13日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園で開催された「2013 第20回 鉄道フェスティバル」2日目の話題の8回目・最終回です。

いよいよ、鉄道フェスティバルの話題も最後です。
上毛電気鉄道のブースでは、ヘッドマークが販売されていました。
(写真1 上毛電鉄ブース)
上毛電鉄ブース

東急電鉄のブースでは、すでに売り切れ多数で、買い足そうと思っていた書き心地のいいホールペンはなくなってしまっていて、 のるるんのメモ帳を買ってきました。
(写真2 東急線キャラクター のるるんのメモ帳)
東急線キャラクター のるるんのメモ帳

会場内の氏結ってんでは、ちょっと変わったコーナーもあり、モニターを使ってお子さんが楽しめるようにしたものもありました。
(写真3 みんなの「みらい号」)
みんなの「みらい号」

あとは、会場各所で配られていたシールなどです。京成電鉄はやはりスカイライナーで、東京都交通局は、都電荒川線の“とあらん”、少し変わったところでは、JR西日本が、カンセンジャーの絆創膏を配布していました。
(写真4 各社が配布していたステッカーなど)
各社が配布していたステッカーなど

会場案内図をみても、全国のJR各社をはじめ、たくさんの出展があることがわかります。
(写真5 会場案内図)
会場案内図

最後は、都営バスのキャラクターみんくるのぬいぐるみです。
バスではありませんが、今週末に、都営浅草線のフェスタが馬込検修場で開催されます。
(写真6 都営バスのキャラクターみんくる)
都営バスのキャラクターみんくる

8回に渡って掲載した「第20回 鉄道フェスティバル」の話題は、これで終わりです。
とても楽しいイベントでした。
2013年10月12日(土)・13日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園で開催された「2013 第20回 鉄道フェスティバル」2日目の話題の7回目です。

まずは、初回に予告していた“ねこ”です。どなたかが、3匹連れてきていました。和歌山電鐵の“たま”もびっくりするような慣れっぷりです。
一般の方の記念撮影も次々と行われ、短い時間でしたが、ちょっとしたイベントタイムになっていました。
(写真1 伊豆急オモシロ駅長とねこ)
伊豆急オモシロ駅長とねこ

なお、(通常の)伊豆急オモシロ駅長は、こんな感じて、伊豆急行をアピールしていました。
(写真2 伊豆急オモシロ駅長)
伊豆急オモシロ駅長

そして、このすぐ近くでは、JR東日本が「 東京近郊路線図カレンダー」を宣伝していました。
実物よりも格段に安く、カレンダーになっているというのは、とてもお得感があります。
(写真3 JR東日本 東京近郊路線図カレンダー)
JR東日本 東京近郊路線図カレンダー

こちらは、ちょっと離れたところで、わたらせ渓谷鉄道のキャラクター“わ鐵のわっしー”が、お子さんたちと記念撮影をしていました。
ステージでは、閉まっていたはずのお腹が開いています。
(写真4 わ鐵のわっしー)
わ鐵のわっしー

さらに、もっとも日比谷公会堂寄りでは、「きかんしゃトーマス ミニSL乗車会」が行われていました。
(写真5 きかんしゃトーマス ミニSL乗車会)
きかんしゃトーマス ミニSL乗車会

小型のきかんしゃトーマスですけれど、やはり乗ったら楽しいと思います。
(写真6 きかんしゃトーマスのミニSL)
きかんしゃトーマスのミニSL

2013 第20回 鉄道フェスティバルの話題は、あと1回で、次回が最終回になります。