にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
前回のTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)基本セット」と同時に、再生産された「国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー」も入手しました。
これで、トミックスの103系HG・冷房車は、プラスアルファとして、発売されていないモハユニット・スカイブルーの冷改車で、同色に塗り替えたものを含めて、冷房車がすべて揃いました。
(写真1 TOMIX 103系 新製冷房車 スカイブルー)
TOMIX 103系 新製冷房車 スカイブルー

まずは、今回、入手した「サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー」です。
(写真2 TOMIX サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー)
TOMIX サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー

再販品ではありますが、初めての入手ですので、ケースも記録しておきます。
(写真3 TOMIX 国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー)
TOMIX 国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー

そして、コンプリートした冷房車編成を順に見ていきます。
はじめは、両先頭車両の「クハ103 高運転台ATC車」です。基本セットのものです。
(写真4 TOMIX クハ103 高運転台ATC車×2)
TOMIX クハ103 高運転台ATC車×2

つぎに、「モハ103-モハ102 ユニット窓車」(モハユニット)で、基本セットに含まれるモハ102に動力がついているものと、増結セットのT車です。
(写真5 TOMIX モハ103-モハ102 ユニット窓車×2)
TOMIX モハ103-モハ102 ユニット窓車×2

そして、現在は製品化されていない「モハ103-モハ102 冷改車」(非ユニット窓)となります。
ウグイス色(山手線)から、調色したスカイブルーへ塗り替えたものです。
(写真6 TOMIX モハ103-モハ102 冷改車 塗り替え)
TOMIX モハ103-モハ102 冷改車 塗り替え

最後は、「サハ103」は、初期型冷改車(非ユニット窓)と、今回入手のユニット窓車(新製冷房車)です。
これまで、初期型冷改車が2両でしたので、ひとまず塗り替え済みの屋根を1両交換しました。
(写真7 TOMIX サハ103 初期型冷改車とユニット窓車)
TOMIX サハ103 初期型冷改車とユニット窓車

10両貫通で、ユニット窓と非ユニット窓車が混在するオール冷房車の京浜東北線が揃いました。
図書館で調べた編成表(過去記事掲載済み)によると、国鉄末期の浦和電車区に、この組み合わせは実在したようです。
なお、非冷房車を含む編成も、再構成して、いずれ掲載する予定です。
再生産され、先週末にくらいに再販されたTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)基本セット」を入手しました。
前回販売時と同じで、付属品の方向幕・運行番号パーツなど、京浜東北線を想定した構成となっています。
(写真1 TOMIX 103系 高運転台ATC車・スカイブルー 基本)
TOMIX 103系 高運転台ATC車・スカイブルー 基本

全くちがいがないように見えましたが、(背)表紙に“4両セット”の文字が追加されているのに気がつきました。
(写真2 TOMIX 103系 ATC車・スカイブルー 表紙比較)
TOMIX 103系 ATC車・スカイブルー 表紙比較

ひとまず、内容を確認ということで、パーツ類の取り付けなどはこれからになりますので、屋根上の塗り替えなど、手を入れて調整ができましたら、また、あらためて記録したいと思います。
(写真3 TOMIX 103系 ATC車・スカイブルー 前回・今回車両)
TOMIX 103系 ATC車・スカイブルー 前回・今回車両
※前回発売分の車両は、屋根上など塗り替えています。

TOMIXの車両は、最近結構気に入っていますが、ときどき塗装にゴミが混ざっているのが、ちょっと気になるところです。
面倒でないところは塗り直してしまうので、単色の車両はそんなに困りませんが、きれいてあることに超したことがないのは、言うまでもありません・・・。
いずれにしても、なかなか手に入れづらい車両の一つでしたので、今回の再生産はうれしいところです。
掲載のタイミングを逃していて、おそらく入手から2年以上経っているであろう、KATO(鉄道模型・Nゲージ)「205系 京葉線色 先頭車ボディセット」(ホビーセンターカトー オリジナル ASSY 大窓・原型車)を記録します。

ホビーセンターカトー オリジナルとして、クハ205・クハ204のボディのみのセットで、ASSYパーツで組み立てを行い、メルヘン顔の先頭車と差し替えて編成にするという珍しいものです。
(写真1 KATO 205系 京葉線 大窓車とメルヘン顔)
KATO 205系 京葉線 大窓車とメルヘン顔

入手のきっかけは、改造用に安価な先頭車1両を購入したところ、アンテナの位置や車両番号から珍しいものだと気づき、その計画を変更して、後にもう1両を探すこととなりました。
しかしながら、元がセット品であることと、すでにその時点で過去のものとなっていましたので、かなり高額になってしまうことから、あきらめかけていましたら、あるとき、こちらもだいぶ前になりますが、もう1両が一般の205系・先頭車くらいの相場価格で手に入ることとなりました。
(写真2 KATO 205系 京葉線 ホビセンオリジナル 大窓車)
KATO 205系 京葉線 ホビセンオリジナル 大窓車

先に掲載となり、これと同じ無線アンテナの位置である「205系 南武線色」の先頭車とも並べてみました。
(写真3 KATO 205系 アンテナ位置のちがう車両)
KATO 205系 アンテナ位置のちがう車両

なお、205系の京葉線は、メルヘン顔先頭車の編成が10両で揃っていましたので、両先頭車を差し替える形で楽しむことができます。
(写真4 KATO 205系 京葉線 10両+差し替え2両)
KATO 205系 京葉線 10両+差し替え2両

あやうく掲載を忘れてしまいそうになっていましたけれど、ようやくこの車両を記録することができました。
国鉄72系のクハ79形300番台は、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄72・73形通勤電車 (片町線) 」や、「国鉄72・73形通勤電車(可部線)」から、ぶどう色2号への塗り替えを行って、すでに掲載していますが、同色の単品製品である「国鉄電車クハ79-300形」も少し前に入手することが出来ました。
(写真1 KATO 101系・TOMIX 72系 鶴見線)
KATO 101系・TOMIX 72系 鶴見線

そこで、「国鉄 72・73形通勤電車(鶴見線・全金車編成)セット」が2編成(セット)ありますので、このうちの1編成のクハ79を差し替えて、昭和50年代前半頃の鶴見線をイメージしてみました。
(写真2 TOMIX クハ79-920とクハ79-300 鶴見線)
TOMIX クハ79-920とクハ79-300 鶴見線

これまで、塗り替えてきたクハ79-300とのちがいは、過去にぶどう色の“単品”として販売されていました。
(写真3 TOMIX クハ79-300 旧製品・単品)
TOMIX クハ79-300 旧製品・単品

今回、入手できたものは、比較的安価でありながら、使用感がほとんどなく、説明書などの付属品も揃っていました。
(写真4 TOMIX クハ79-300 単品・付属品)
TOMIX クハ79-300 単品・付属品

なお、片町線(現在の愛称:学研都市線)からの塗装変更した車両と、単品製品を並べてみましたが、当然ながらほぼ同じですので、いろいろな路線を楽しむことが、より出来るようになりそうです。
(写真5 TOMIX クハ79-300 製品と片町線塗装変更)
TOMIX クハ79-300 製品と片町線塗装変更

ちなみに、これまで入手しづらかったTOMIXのクハ79-300は、2020年9月発売予定で、京浜東北線を編成例とする「国鉄 72・73形通勤電車」の“増結セット”に組み込まれることになっていて、旧型国電も、ますます楽しくなりそうです。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)情景コレクション ザ・情景小物シリーズ「工事現場B~ゲートと塀~」も入手しています。
すでに、掲載済みの工事現場Aの事務所と京葉線・武蔵野線の車両で、簡易イメージを作ってみました。
(写真1 ジオコレ 工事現場Bと京葉線・武蔵野線)
ジオコレ 工事現場Bと京葉線・武蔵野線

相鉄・東急直通線の工事現場などでも見かけるようなゲートや塀のセットです。
(写真2 TOMYTEC ザ・情景小物シリーズ 工事現場B)
TOMYTEC ザ・情景小物シリーズ 工事現場B

工事車両が出入りするゲートは、開・閉の2種類が1つずつ入っています。
(写真3 ゲート・開)
ゲート・開

組立は難しくありませんが、ゴム系の接着剤などで固定しないと、すぐに外れてしまうのは、少し面倒なところです。
(写真4 ゲート・閉)
ゲート・閉

情景パーツについても、まだ、掲載できていないものが多々あるので、まとめられたものから順番に記録できればと思っています。