にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の5回目です。

今回は、懐かしいタイプの鉄道模型が集う「零番三線式の会」の皆さんで、三線式のOゲージです。
(写真1 JAM2018~零番三線式の会)
JAM2018~零番三線式の会

見かける機会が少ない、線路幅が広く、車両の大きいOゲージですが、なかでもこのタイプは車両の長さが短くデフォルメされたものです。
現在は16番(HOゲージ)で有名なカツミなども、かつては、このタイプが中心でした。
(写真2 客車など)
客車など

今でも名前を聞くメーカーを含め、各社で微妙なつくりのちがいがあるということで、いろいろと教えていただきました。
(写真3 電気機関車各社)
電気機関車各社

流線形車両が続々と登場した時代もありましたけれど、丸みのあるデザインは美しいと思います。
(写真4 丸みのあるデザインの車両)
丸みのあるデザインの車両

なお、車両と線路だけではなく、ホームなどの情景もあり、現在でも魅力たっぷりの鉄道模型です。
(写真5 三線式Oゲージのホームなど)
三線式Oゲージのホームなど

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、自らも出展した関係でご紹介できるのは一部ではありますが、あと少し続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の4回目です。

今回は、いろいろとお世話になっている「海でん☆やま電」(やま電)の皆さんで、箱根登山鉄道を再現しているジオラマです。
完成しているモジュールから、今年は2駅+1信号場をご紹介したいと思います。
(写真1 第19回 国際鉄道模型コンベンション~海でん☆やま電)
第19回 国際鉄道模型コンベンション~海でん☆やま電

まずは、1枚目の写真と合わせて、大平台駅です。
アレグラ号も運行していて、イベントの少し前に見てきたばかりの箱根そのものです。
(写真2 大平台駅)
大平台駅

つづいては、出山信号場です。上大平台信号場とちがって、少しカーブしているところもしっかりと再現されています。
(写真3 出山信号場)
出山信号場

実際の風景では、そこから見下ろせる(写真は反対側から)早川橋梁(出山の鉄橋)も、3Dの地図を見ているような感じです。
(写真4 早川橋梁)
早川橋梁

さらに下った塔ノ沢駅には、深沢銭洗弁天があります。
リアルで正面からでは恐れ多いので、木々の間からこっそりと撮ります。
(写真5 深沢銭洗弁天)
深沢銭洗弁天

そして、塔ノ沢駅全体を真上から見てみることにします。
そのものというばかりではなく、作品として眺めていても、いつまでも飽きない作りだと思います。
(写真6 塔ノ沢駅)
塔ノ沢駅

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、自らも出展した関係でご紹介できるのは一部ではありますが、まだ少し続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の3回目です。

今回は、出展ブース斜めお隣の「黒柳鉄道」の皆さんで、戦後の昭和時代を象徴するレトロなジオラマです。
(写真1 第19回 国際鉄道模型コンベンション~黒柳鉄道)
第19回 国際鉄道模型コンベンション~黒柳鉄道

茶色い(ぶどう色の)旧形国電や、それから改造された配給車など、古い街並みがなつかしさを感じさせます。
(写真2 昭和な情景と配給車)
昭和な情景と配給車

広いレイアウトの奥には、目立つ色の箱根登山鉄道の電車も見えます。
(写真3 旧形国電と箱根登山鉄道)
旧形国電と箱根登山鉄道

登山電車が走っているのは、平地ばかりではなく、高低差のある山の情景もあるためです。
(写真4 山から見下ろした風景)
山から見下ろした風景

ロープウェイもあって、実際の高さをより感じさせます。
(写真5 ロープウェイ)
ロープウェイ

びっしりと詰まった情景から、平地に目を向けると、線路際に建つ家々とそこに暮らす人々の姿があります。
(写真6 線路際に建つ家々)
線路際に建つ家々

釣り堀などもあり、どのシーンも本当に細かいところまで仕上げてあります。
(写真7 釣り堀)
釣り堀

駅も何か所かありますが、都会の駅から地方の駅まで、いろいろな様子を楽しむことができます。
このほかにも、小動物なども配置されていたり、遊び心たっぷりの大きなジオラマです。
(写真8 駅とガソリンスタンド)
駅とガソリンスタンド

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、ご紹介できるのは一部ではありますが、もう少し続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の2回目です。

今回は、出展ブースから見えるところの「芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部」の皆さんです。
1/80 16.5mm(16番/HO)の展示です。
(写真1 芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部

比較的広いブースには、スケールに合わせた“芝浦駅”が作られていて、都営バスや東急バスなどのバスターミナルとなっていました。
(写真2 芝浦駅のジオラマ)
芝浦駅のジオラマ

このほかにも、沿線の家や都営バスの車庫など、市販されていない大きめの情景が作られていました。
(写真3 家屋や都営バスの車庫など)
家屋や都営バスの車庫など

また、周回しないエリアには、車庫のような感じで、車両がたくさん置かれていました。
(写真4 211系や電気機関車など)
211系や電気機関車など

通勤・近郊型から、特急・客車などいろいろな1/80サイズの車両が見られました。
これらは、寄付でいただいたものも結構あるとのことでした。
(写真5 103系や113系など)
103系や113系など

そして、個人的にお気に入りのプラ製の03系京浜東北線もありました。
大きな会場では、1/80サイズの車両は、見ごたえがあると思います。
(写真6 103系京浜東北線 1/80 16.5mm)
103系京浜東北線 1/80 16.5mm

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、別の話題を入れながら続きます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の一部を、何回かにわたってご紹介したいと思います。

自らが出展していたことから、訪問・撮影をできたブースは限られていますが、写真が撮れているものについて、いくつかの団体を順次掲載します。今回は、出展ブースのおとなり「ポッポ屋」の皆さんの作品です。

はじめは、石炭運搬の貨車や蒸気機関車の転車台などがあるジオラマです、今では見られない、昭和の時代を象徴するような風家のひとつが作られています。
(写真1 石炭の運搬と転車台のあるジオラマ)
石炭の運搬と転車台のあるジオラマ

次も、なつかしさを感じさせるシーンです。単線の線路に、短い編成の車両が停車できるホームがあります。
地方ののどかな様子が伝わってきます。
(写真2 なつかしさを感じる駅)
なつかしさを感じる駅

ここからは、少し現在にもつながる風景で、江ノ電(江ノ島電鉄)の景色です。
手前は、鎌倉高校前駅、後ろは、JR横須賀線と接続する鎌倉駅に見えますが、実際はどうでしょうか。
(写真3 江ノ電の風景 )
江ノ電の風景

そして、江ノ電の本社をテーマに、江ノ島駅付近のモジュールもありました。
(写真4 江ノ島駅付近)
江ノ島駅付近

このほか、都会のビルなども見られました。
(写真5 都会のビル)
都会のビル

このあたりから、また、地方の風景を見ていきたいと思います。
“漁港モジュール”とタイトルがつけられていて、漁港に架かる鉄橋がポイントととなっています。
(写真6 漁港のモジュール)
漁港のモジュール

海に続いては、川のシーンの大井川鉄道の風景です。
鉄橋を通過する列車がすてきな感じです。
(写真7 大井川鉄道)
大井川鉄道

さらに、ローカルで、1両編成の列車が行く単線のモジュールです。
心が和むワンシーンだと思います。
(写真8 ローカルな景色)
ローカルな景色

ポッポ屋さんの出展は多くのモジュールがあったため、やむなく、いくつかのモジュールを抜粋して掲載しました。

掲載団体は限られてしまいますが、第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは続きます。