にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの3回目です。

今回は、特修工場で更新中の新1000形アルミ車などです。
“ここ”と言わんばかりに、赤丸になっているところが注目のポイントの一つです。
(写真1 特修工場の見学コーナー)
特修工場の見学コーナー

このほかに、窓も開閉するようになるようで、2段になっいます。
(写真2 特修工場の新1000形アルミ車の更新)
特修工場の新1000形アルミ車の更新

車体の骨格を見られるのも、このコーナーならではです。
(写真3 更新中の新1000形アルミ車の車内)
更新中の新1000形アルミ車の車内

特修工場に、1両ずつにされた車両が並びます。
(写真4 特修工場に並ぶ車両)
特修工場に並ぶ車両

そして、特修工場と主工場の間には、すっかりおなじみとなったトラバーサーがあります。
(写真5 トラバーサー)
トラバーサー

トラバーサーが移動するところは、今回も休憩スペースとして利用されていました。
(写真6 休憩スペース)
休憩スペース

それから、前回、特修工場内に、秘密のスペースのように登場した任意団体による鉄道模型のコーナーは、今年は、プラレール広場にかわっていました。
少し前の公開情報からは、途中で変更されたような感じで、“プラレール広場”という名称なども含め、タカラトミーさんは、相変わらずやりますね(わかる方には察しがつくのでは)・・・といった感じです。
また、“KATOのレール”がいけなかったのかと(さすがに関係ないと思いますが)、皮肉りたくなるところです。
そうとはいえ、主役のお子さんにとっては、鉄道模型でも、プラレールでも、とても楽しい空間だと思います。
(写真7 プラレール広場)
プラレール広場

さて、色味がない車両ばかりとなってしまったので、主工場内の新1000形ステンレス車です。
(写真8 主工場内の新1000形ステンレス車)
主工場内の新1000形ステンレス車

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は、さらに続きます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの2回目です。

今回は、主工場内の「側面表示器操作体験」コーナーからです。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2017 主工場より)
京急ファミリー鉄道フェスタ2017 主工場より

フルカラーのLED表示器から方向幕まで、たくさん用意されていて、多くの人が体験できるようになっていました。
(写真2 側面表示器体験コーナー)
側面表示器体験コーナー

コーナーの名称は、“側面”となっていますが、前面の表示器も用意されています。
※旧1000形の側面表示器もあり、写真はTwitterにアップしています。
(写真3 800形の表示器など)
800形の表示器など

また、800形については、車体も含めた前面部分の展示・体験もあります。
(写真4 800形の前面を表現した体験コーナー)
800形の前面を表現した体験コーナー

さらに、の表示器を裏側から見られるようにしたのも面白いと思います。
(写真5 種別幕などの表示器を裏側から)
種別幕などの表示器を裏側から

そして、表示が変わる様子なども間近でみることができます。
(写真6 エアポート快特 上野 表示)
エアポート快特 上野 表示

京成線内や北総線内の駅名などとの組み合わせで、通常の運行では表示されないものを楽しむことができます。
(写真7 Wing号 印旛日本医大 表示)
Wing号 印旛日本医大 表示

LED表示器は、幕式などとくらべると見やすさは劣りますが、そのかわりに、多彩な表示ができるところが便利だと思います。
(写真8 正面運行LED表示器・けいきゅんの表示など)
正面運行LED表示器・けいきゅんの表示など

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は、さらに続きます。
2017年5月28日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2017」からの1回目です。

今年は、とても天候がよく、きれいになった旧1000形が、より美しく見えました。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2017 より)
京急ファミリー鉄道フェスタ2017 より

側面が見える斜め方向からも、旧1000形がまるで現役車両のようです。
(写真2 旧1000形撮影コーナー)
旧1000形撮影コーナー

そして、800形もリバイバル塗装が、少し前の時代を思い起こしてくれます。
(写真3 800形リバイバル塗装車両展示)
800形リバイバル塗装車両展示

このイベントでは、現在のように“京急”がつかない「川崎」の表示などを出し、より雰囲気を出しています。
なお、最後は、方向・種別幕の表示なしとなりました。
(写真4 最後は方向・種別幕の表示なし)
最後は方向・種別幕の表示なし

同じエリアには、新1000形ステンレス車が2編成並んでいました。
(写真5 新1000形ステンレス車)
新1000形ステンレス車

うち、1編成は運転台撮影コーナーとなっていました。
(写真6 運転台撮影コーナー)
運転台撮影コーナー

さらに、その隣には、ひっそりと1500形の姿もありました。
(写真7 1500形)
1500形

昔を思い出させる車両としては、 デ51形・デ1形の復元車両も、いつまでもきれいです。
(写真8 保存車両展示 デ51形・デ1形復元車両)
保存車両展示 デ51形・デ1形復元車両

京急ファミリー鉄道フェスタ2017の話題は続きます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き9回目・最終回です。

物販コーナーへ一度飛びましたが、再びバス展示付近へもどります。
バスのとなりのコーナーは、「キャラクター大集合」となりました。小学生とその家族の限定は、今年もかわりません。
内容は、残念ながら見ていませんが、イベント終了後のSUPER BELL"Zの野月さんと、南田(マネージャー)さんの前には、2100形をした何かがありました・・・。
(写真1 キャラクター大集合コーナーから)
キャラクター大集合コーナーから

その前では、こちらもいつもと同じく、保線系の車両が並びます。「特殊車両展示」コーナーです。
一番遠くには、マルチプルタイタンパーもありました。
(写真2 マルチプルタイタンパー ほか)
マルチプルタイタンパー ほか

バス展示に近いところでは、軌道補修作業の実演も行われました。
(写真3 軌道補修作業実演)
軌道補修作業実演

各車両や保線作業についての解説が書かれたプレートもあり、内容を理解しやすくなっています。
(写真4 保線に関する解説が書かれたプレート)
保線に関する解説が書かれたプレート

車両をピックアップすると、架線作業車とクレーン付延線巻取車です。
(写真5 架線作業車/クレーン付延線巻取車)
架線作業車/クレーン付延線巻取車

このほか、架線検測車なども展示されていました。
いずれも、軌陸兼用作業車(軌陸車)です。
(写真6 架線検測車)
架線検測車

最後に、まとめ的な感じで、久里浜工場から、京急久里浜駅までの「お帰り臨時列車」は、今年もありました。
(写真7 新1000形ステンレス車によるお帰り臨時列車)
新1000形ステンレス車によるお帰り臨時列車

それから、車両撮影コーナーの800形は、少し離れたところからの方が、きれいに撮れたかもしれません。
(写真8 京浜急行800形)
京浜急行800形

京急ファミリー鉄道フェスタ2016からの話題は、これで終わりです。
また、来年も一般の人も参加できる形で、継続・開催されればと願っています。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き8回目です。

今年も、グループ会社のバス展示がありました。
川崎駅や鶴見駅周辺と、東急東横線沿線の一部など、ごく限られた範囲で見られる臨港バスは、京急沿線の方でも珍しいバス会社かもしれません。
(写真1 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

その臨港バスと横浜市営バスが主の地域を除けば、京急沿線のほとんどのところで見られる京浜急行バスです。
(写真2 京浜急行バス)
京浜急行バス

今年は、バス展示の近くで、鉄道模型メーカーのKATOがミニジオラマを出展していました。
(写真3 鉄道模型メーカー KATO)
鉄道模型メーカー KATO

同社のショールーム前にある230形の模型が走行していました。
久々に、2100形も含めた京急の模型車両を発売して少し経ちますが、PRに必死なようです。
(写真4 KATOのジオラマと230形)
KATOのジオラマと230形

ここで、いったん場所が飛びますが、物販コーナーでは、京急プラレールのトリプルセットなどの先行販売がありました。
(写真5 京急プラレール トリプルセット)
京急プラレール トリプルセット

今回も多くの私鉄各社が出展していましたけれど、関西の電車のプラレールや鉄コレなどのくじは楽しそうでした。
(写真6 楽しそうな電車くじ)
楽しそうな電車くじ

「京急ファミリー鉄道フェスタ」の話題はあと1回でまとめます。

次回は、KATO 103系(鉄道模型・Nゲージ)の京葉線の方向幕シールを一部手直ししたのと、武蔵野線の方向幕も完成しましたので、その話題を掲載する予定です。