にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの2回目で、旧1000形展示や正面表示器実演コーナーなどからです。

引退後、きれいになった旧1000形は、展示されるだけではなく、特別に車内へ入ることができて、とても人気でした。
(写真1 旧1000形展示)
旧1000形展示

旧1000形のとなりには、2000形リバイバルカラーも並び、他コーナーの展示を含め、久里浜工場が1日限定の博物館のようになっています。
(写真2 2000形リバイバルカラー)
2000形リバイバルカラー

正面の行先・種別表示を決められた時間に限り、リクエストに応えてくけるという、正面表示器実演コーナーとして、この場所が例年通り設定されています。
(写真3 正面表示器実演)
正面表示器実演

2000形の右隣には、1500形が並び、京急創立120周年のヘッドマークが掲出されていました。
(写真4 1500形と京急創立120周年マーク)
1500形と京急創立120周年マーク

また、別の時間には大師線にかわり、実演時間以外でも、いろいろな表示を楽しむことができます。
(写真5 1500形大師線表示)
1500形大師線表示

さらに、大師線の行先方向板も登場して、“京浜川崎”のような駅名と看板の懐かしさと歴史を感じさせます。
(写真6 大師線の行先方向板)
大師線の行先方向板

あと、もっとも右側(海側)には、2100形の姿もありました。
(写真7 2100形)
2100形

旧1000形・2000形・1500形・2100形のこれら4形式が並ぶ、入出場検査場の屋根の美しい形状も、押さえておきたいところの一つだと思います。
(写真8 入出場検査場)
入出場検査場

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、さらに続きます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの1回目で、車両撮影コーナーからです。
今年は、カラフルな構成から一転して、赤・白のカラーの車両を並べての展示となっていました。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2019 車両撮影コーナー)
京急ファミリー鉄道フェスタ2019 車両撮影コーナー

工場の建物(海)側から、順番に見ていきたいと思います。
まずは、一般的な細い白帯の800形です。
(写真2 800形)
800形

架線柱(電力柱)を挟んで、2100形・新1000形マイナーチェンジ車・新1000形1800番台(山→海)です。
ステンレス製車体の新1000形から、銀の部分がラッピング、または塗装された車両が並びます。
(写真3 2100形・新1000形・新1000形1800番台)
2100形・新1000形・新1000形1800番台

次の3編成の並びは、800形リバイバル塗装車・1500形・600形(山→海)です。
(写真4 800形・1500形・600形)
800形・1500形・600形

600形と2100形の間は、線路間隔が広いので、側面も写真に収めることができます。
(写真5 600形側面など)
600形側面など

そして、事業用車で、電動貨車のデトは、デト15-16の救援車です。
(写真6 デト15-16)
デト15-16

デトの先には、車両撮影コーナー外ですが、KEIKYU BLUE SKY TRAINや、新1000形ステンレス車などもとまっていました。
(写真7 遠方のKEIKYU BLUE SKY TRAIN など)
遠方のKEIKYU BLUE SKY TRAIN など

例年通り、たくさんの人が集まる人気の“車両撮影コーナー”でした。
(写真8 たくさんの人で賑わう車両撮影コーナー)
たくさんの人で賑わう車両撮影コーナー

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、次回に続きます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの5回目です。今回は、廃車解体中の車両やグループのバスの話題などを記録していきます。

まずは、ホームドア設置で、4扉のためドアの位置が合わず、前倒しで入れ替えが進められている800形です。
解体中の車両は、いつもながらさみしく感じます。
(写真1 廃車解体中の800形)
廃車解体中の800形

2000形は、先に登場した800形よりも、わずかに早くすべてが引退してしまいました。
草木の間から見ると、より、さみしさが増します。
(写真2 廃車解体中の2000形)
廃車解体中の2000形

その2000形には、車端部にクロスシートが残っていましたので、廃車により、鉄道部品として販売されました。
椅子は、実用的ですので、人気があります。
(写真3 配送準備中の2000形の椅子)
配送準備中の2000形の椅子

ここからは、いつものお約束といった感じの記録になりますが、旧形車の保存車両は、いまところ同じ場所にありました。
(写真4 保存車両)
保存車両

そして、事業用車関連では、保線に使用するマルチプルタイタンパー(08-16U)が、その存在感を示しています。
(写真5 マルチプルタイタンパー)
マルチプルタイタンパー

また、軌陸両用車も、いつもと同じように、展示されていました。
(写真6 軌陸両用車)
軌陸両用車

それから、いったん別の場所に飛びますが、「踏切非常ボタン操作体験」が、物販などが行われるグランドにありました。
(写真7 踏切非常ボタン操作体験)
踏切非常ボタン操作体験

再び、事業用車と同じところにもどり、通路を挟んで反対側に、グループ内の「川崎鶴見臨港バス」が、新しいキャラクターのラッピングバス(神明町営業所・所属)を展示・乗車体験していました。
(写真8 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

さらに、京浜急行バスは、運転士募集のラッピングでした。
(写真9 京浜急行バス)
京浜急行バス

最後は、名称がかわり、新しくなった久里浜工場の看板で締めくくります。
(写真10 京浜急行電鉄久里浜工場の看板)
京浜急行電鉄久里浜工場の看板

5回にわたって掲載した「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」は、これで終わりです。来年の開催も、楽しみにしています。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(JR東日本・JR貨物)は、、鉄道模型の話題をもう一つ先に入れた後に、続きを掲載する予定です。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの4回目です。今回は、特修工場を中心に、プラレール(鉄道おもちゃ)の話題なども記録していきます。

毎年、更新中の車両が気になる特修工場は、新1000形などが入場中でした。
(写真1 特修工場内の新1000形)
特修工場内の新1000形

引退した2000形も、生き残りの車両はきれいになるようです。
(写真2 特修工場内の2000形)
特修工場内の2000形

車内も座席の一部などが取り外され、作業が行わているところです。
(写真3 2000形の車内)
2000形の車内

そして、特修工場と主工場の間にあるトラバーサーです。
お約束なので、2018年も記録しておきます。
(写真4 トラバーサー)
トラバーサー

さらに、特修工場(手前)も同様に記録しておきます。
(写真5 特修工場)
特修工場

ちなみに、工場内の隅には、昨年と同じ場所に、メーカー協賛の「プラレール広場」がありました。
京急オリジナル(事業者限定)の“プラレール”がたくさん並んでいます。
他社では見られないほど、種類が充実しています。
(写真6 特修工場内のプラレール広場)
特修工場内のプラレール広場

なお、このイベントでは、2000形プラレールのダブルセットが、数量限定で先行発売されましたけれど、予想に反して、“プラレール広場”と物販コーナーの“おとどけいきゅう”のどちらも、最後まで売り切れずに残っていました。
(写真7 物販コーナーの“おとどけいきゅう”)
物販コーナーの“おとどけいきゅう”

あと、限定物といえば、鉄道模型メーカー“KATO”も出店して、先頭車差し替え用で“けいきゅん”の2100形(Nゲージ)を販売しました。
こちらは、数量がかなり少なかったこともあり、完売となりました。
(写真8 物販コーナーの“KATO”)
物販コーナーの“KATO”

京急ファミリー鉄道フェスタ2018は、次回まとめとなります。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの3回目です。今回は、主工場内での展示・イベントを記録していきます。

まずは、行先方向幕やLED表示機の展示です。
不思議なのですが、興味を強く引き付けるものの一つです。
(写真1 行先方向幕・LED表示機)
行先方向幕・LED表示機

古いタイプの表示機操作は、ダイヤルを回したり、方向幕の表示が変わっていくのが楽しいものです。
(写真2 側面表示機操作体験)
側面表示機操作体験

そして、2100形の椅子を、進行方向に合わせて転換させる動作も気になります。
(写真3 転換イス操作体験)
転換イス操作体験

椅子といえば、こちらは自動で動きませんが、補助椅子のついた2000形のクロスシートも魅力的です。
(写真4 2000形のイス・補助イス付き)
2000形のイス・補助イス付き

車両の展示では、新1000形が前面ドアを開いていました。
緊急時の避難用ですので、普段はこの場面を見ることはありませんが、新町検車区などでは、ときとぎ開いている様子を見ることがあります。
(写真5 新1000形前面ドア)
新1000形前面ドア

日頃、見ることがないというところでは、主制御装置もカバーを外して、内部を見られました。
(写真6 主制御装置)
主制御装置

床下の機器も、内部を子会して、動作しているところを見ることができました。
(写真7 空ノッチ操作体験)
空ノッチ操作体験

あと、車両工場といえば、定番の空気圧縮機や主電動機なども、もちろんありました。
このほか、連結器やパンタグラフの展示・操作体験、また、時間帯により、車体上げ作業実演など、見所がいっぱいです。
(写真8 空気圧縮機・主電動機)
空気圧縮機・主電動機

京急ファミリー鉄道フェスタ2018は、別の話題を入れて、次に続きます。