にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
Nゲージに近い、プラレールの新規格の「プラレールアドバンス」
が、ついに登場しました。
しかし、当初事前の展示でも気になっていた“フラフラ”と揺れ
ながら走行するところが直らないまま商品化されたようで、
それが災いしてか脱線してしまうことが多いようです。
(写真1 2011年JAMのプラレールアドバンス展示から)
プラレールアドバンス展示から 2011 JAMにて

コメントをいただいたこともあり、以前別の目的でご紹介した
記事をアドバンス用に一部修正して、再掲載することにしました。
(URL 元の参考記事)
プラレール レイアウト カーペット上での脱線防止(1)
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-419.html

基本的に脱線は、レールの継ぎ目(つなぎ目)付近で発生する
はずなので、フローリングの床などであれば、フラフラする
ものの問題なく走行していると思われます。
カーペットなどの場合で、あまりたわみや段差などがある場合は、
厚さ1mm程度の薄い板を敷いて、レールの継ぎ目も段差が
できないように調整します。
(写真2 プラレールアドバンスの脱線対策 薄い板)
プラレールアドバンスの脱線対策 薄い板

見本は、通常のプラレールを、やや条件の悪いカーペット上で
脱線せずに走行させる必要があったときに、考えて作ったものと
同じ規格(5cm×2cm)です。もちろん、全く同じである必要は
ありません。

それから、何らかの事情で段差が激しい場合は、ミニ橋脚などを
使用するとうまく回避できる場合があります。
(写真3 プラレールアドバンスの脱線対策 橋脚)
プラレールアドバンスの脱線対策 橋脚

また、条件がよくない場合は、普通の橋脚をつかい、
全体を高架化した方が、より安定走行するかもしれません。

[相互リンクのお知らせ]
阪神9000系のアーバンネットワーク改造プラレール録様、
べべプラレール(鉄道大好き館)様と相互リンクを開始しました。
※ホームページでの紹介文は明日掲載予定です。

[2012/03/19 追記]
プラレールアドバンスの脱線対策に関連する、新記事を
掲載しました。

プラレール規格の考察 (10)微妙なレールの長さの違い
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-602.html
よろしければ、こちらもご覧ください。