にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
連日、プラレール改造AE100形プロジェクトでお送りしています。
とても納車が間に合わないと焦っていたところ、それを察した
ように、一畳プラレールのぺたぞうさんから、期日を延ばしても
よいという、お助けのメールをいただきました。
とても大切な発表の場を用意してくださっていたので、本当に
申し訳ないと思っていますが、突貫で仕上げるわけにもいかない
ので、変更をお願いすることにしました。

併せて、「窓はさらに、もう少し何とかならないか」というご要望も
いただきました。
実は、私も気になっていたのですが、納期の心配がなくなり
ましたので、前面全体も含めて修正しました。
(写真1 プラレール改造車両 AE100形 下地剤・白)
プラレール改造車両 AE100形 下地剤・白

窓の幅を、下方向へ1mmほど長く戻して見ました。
(写真2 プラレール改造車両 AE100形 前面窓5回目 正面)
プラレール改造車両 AE100形 前面窓5回目 正面
(写真3 プラレール改造車両 AE100形 前面窓5回目 斜め)
プラレール改造車両 AE100形 前面窓5回目 斜め

これで・・・と思いましたが、真横から見ると、まだ何かが
おかしいのです。
よく見てみると、下のカーブがほんの少しですが、最後に
緩やかすぎるのです。
明日、6回目の修正を行いたいと思います。

そして、すっかり高さのチェックを忘れていました。
中間車のパンタグラフが一番高いので、これでチェックしました。
(写真4 プラレール改造車両 AE100形 高さの検査)
プラレール改造車両 AE100形 高さの検査

切通しのプラレール情景パーツを使いましたが、何とか大丈夫
なようです。

今回の窓製作では、プラ棒の曲げ方を新たに研究しました。
配管(配線)用の丸棒はだいたいコツをつかんでいますが、
角棒を緩やかなカーブから急なカーブにするのは、
意外と折れやすく、要領を得るのに大変でした。

次回も、プロジェクトの続きをご報告していきます。
いきなりタイトルは“前面窓再修正”?です。プラレールAE100形
製作プロジェクト、とても大変な状況です。
パテと下地剤のサーフェイサー1回目塗装を終えましたが、
どうしても、正面窓が納得がいかず、もう一度作り直すことに
しました。厳密には、2度の修正後なので再々修正です・・・。
(写真1 プラレール改造車両 AE100形 前面窓再修正 斜め前)
プラレール改造車両 AE100形 前面窓修正 側面

窓上部の角度と、幅を1.5~2mm程度狭くしたのですが、
写真に撮ると、前回ご紹介したものとほとんど変わらない
感じです・・・。でも、ちょっとスマートになったと思っています。
(写真2 プラレール改造車両 AE100形 前面窓再修正 正面)
プラレール改造車両 AE100形 前面窓修正 正面

今回は、白いスカイライナーになっているはずなのですが、
とてもつらいところです。
次回(明日)は、どんなに遅れていても、白くないとさすがに
まずいといった感じです。とにかく、がんばって進めていきます。
プラレールAE100形製作プロジェクトは、一畳プラレールの
ぺたぞうさんからご指摘いただいた前面窓の修正を行いました。
(写真1 プラレール改造車両 AE100形 前面窓修正 斜め前から)
プラレール改造車両 AE100形 前面窓修正 側面

プラレール特有のデフォルメや素材の関係もあり、実車や
模型などと全く同じとは行きませんが、できるだけ近くなるように
角度などを考えてみました。
正面から見ても、だいたい写真に撮ったときに見えるような
感じになったと思います。
(写真2 プラレール改造車両 AE100形 前面窓修正 正面から)
プラレール改造車両 AE100形 前面窓修正 正面

今回の修正では、プラ棒も、1mm×0.5mmのものから、
0.75mm×0.75mmに変更しました。
なお、中間車は別の行程で作業中です。
AE100形プロジェクトは、大幅に遅れて進行中ですが、
車体はお見せできるところまで行っていないので、その間に、
番外として各種ライト用のパーツ紹介です。
今回の企画のために、新たにチップLEDの白色や電球色などを
購入してきました。
(写真1 プラレール ライト用のチップLEDなど)
プラレール ライト用のチップLEDなど

先頭車両は、動力用の電池1.5Vを共用するため、いつもの
ように、昇圧回路を使用します。こちらのパーツは、手持ちの
中からになります。
(写真2 昇圧回路用の電子パーツ)
昇圧回路用の電子パーツ

昇圧回路については、ホームページに詳しく書いてあります
ので、説明は省略します。
※上から2つめのパーツは、アキシャルリード形・セラミック
コンデンサ(10μF)です。
プラレールAE100形プロジェクトの製作は、下地剤の
サーフェイサー1回目の塗装まで進みました。
(写真 プラレール改造 京成AE100形 下地剤1回目)
プラレール改造 京成AE100形 下地剤

しかし、一畳プラレールのぺたぞうさんから、とても重要な
ご指摘が・・・。「窓の形がおかしくないですか?」と、写真が
添付されてきました。

早速、調べてみましたが、確かに前面窓下部の角度が
合っていません。長いこと、写真を眺めていると、ほかにも
修正した方がよりよく見えると思われるところを発見しました。

神奈川に住んでいると京成AE100形の実車を見る機会が
少ないので、微妙なところが分からなかったりします。
しかも、節電によるシティーライナーの運休で、AE100形に
出会うことがさらに難しくなっているのもつらいところです。

そんな訳で、窓の形を少し直して、次の行程へ進みます。