にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ついに、プラレール改造 ATS用ストップレールの試作機が
完成して、動作試験も完了しました。
試作機なので、まだ大きいのと、カバーなどは作っていませんが、
電動で上げ下げできるようになり、手元スイッチによる10分程度の
連続動作試験もパスしました。
また、プラレール車両がか進入しても振動などで解除される
ことはありません。マイクロスイッチの使用により、
決まった位置でレバーは自動停止します。
これらは、ストップレールをそのまま利用せず、自作・改造
したことで実現しました。
(写真1 プラレール改造レール ストップレール 試作 下げ・進行)
プラレール改造レール ストップレール 試作 下げ
(写真2 プラレール改造レール ストップレール 試作 上げ・停止)
プラレール改造レール ストップレール 試作 上げ

一旦、目的は達成しましたが、引き続き信号機(赤信号)と
連動し自動で作動させるためのテスト回路を作る予定です。
また、試作機とはいえ、機械部分のカバーなどはほしいと
思っています。

これらのことが終わったら、次は試作2号機を作ろうと
思っています。今度は、もう少し小さくできるように、
タミヤの別のギヤボックスを検討しています。
(写真3 想中のタミヤ・ギヤボックス)
構想中のタミヤ・ギヤボックス

写真は、ミニモーター低速ギヤボックスですが、
これも動作に必要な力(トルク)があることは確認しています。
プラレールの改造レールで、
閉塞信号機のATS(自動列車停止装置)や、都営浅草線の
駅に使用するストップレールの試作版が完成しました。
(写真1 プラレール改造レール ストップレール 試作版)
プラレール改造レール ストップレール1
(写真2 プラレール改造レール ストップレール 別角度)
プラレール改造レール ストップレール2

次は、残りの板の部分に、自動で遠隔操作するための、
ギヤボックスを設置します。
動作の試験は済んでいるのですが、レバーの調整方法を
2種類考えているので、どちらにするか決めてからの、
設置となります。
ちなみに、ストップレールの大部分を自作したのは、
グレーのストップレールの単品販売が現時点でないからです。
また、グレーのABS樹脂板を使用しているので、
塗装はしていません。

[相互リンクのお知らせ]
2010/09/26に「@京王線のページ@」様、
 *京王線の写真や運行情報などのブログ、
2010/09/29に「明日の鉄路へ ?城ケ崎ABC日誌?」様
 *京急とプラレールを中心とした鉄道関係のブログで、
  湘南台の運転会でも大変お世話になりました。
と相互リンクしました。右のリンクよりご覧ください。
長いこと思案中だったプラレールの電動ストップレールですが、
一旦、小型化をあきらめて試作機を製作することにしました。

とにかく、ストップレールを作動させるには力がいるようで、
踏切で使用したタミヤのユニバーサルギヤーではトルク不足で
全然動かず、タミヤの3速クランクギヤーを使うことにしました。

製品のストップレールと、このギヤボックスを仮り固定した
テストで一応大丈夫だったため、ストップレール本体も
改造・製作することにしました。
(写真 プラレール改造ストップレール製作)
プラレール改造ストップレール製作1

ストップレールは、写真上のものを先にテスト製作して、
問題点を見つけ、写真下のものを新しく製作しました。
ここまでは、車両の通過なども大丈夫でしたので、
製作を続けていきたいと思います。
実は、今一番作りたいものがあります。
それは、動画用(もちろん、普通の情景としても使える)の
プラレール 地下鉄の駅 都営浅草線(改造情景)です。
以前製作した「沿線の柵」と同じ長さで、2つで1組のものを
作る予定です。6両編成まで対応。
(写真 プラレール地下鉄の駅 都営浅草線ホーム)
プラレール地下鉄の駅 都営浅草線ホーム

どこが動画用なのかといいますと、柱や壁、階段などを
交換できるようにして、いくつかの駅に変身できるようにする
という構想です。どこまで実現できるでしょうか・・・。
今のところ、新橋、※東銀座、宝町、日本橋、本所吾妻橋あたりで
替えられればと思っていますが、これは作りながらよく検討します。
そんなこともありまして、今できているホームの高さも
少し低めになっています。

模型では、厳密になってしまうので、変身というわけには
いかないと思いますが、プラレールのアバウトさを生かして、
チャレンジしてみたいと思っています。
プラレール改造 情景「沿線の柵」も完成しました。
金網の素材が決まってからは、あっという間の完成でした。
(写真1 金網側・プラレール改造車両京急600形)
金網フェンスとプラレール京急600形
(写真2 普通の柵側・プラレール改造車両京急600形)
フェンスとプラレール京急600形
(写真3 金網フェンスとプラレール改造車両京急新1000形)
金網フェンスとプラレール新1000形SUS車

花も咲かせようかと思いましたが、とりあえず完成にして、
後々の新しい課題としたいと思います。

ホームページでは、「線路沿いのフェンス」と題を変えて、
ページを新設しました。別の写真も掲載していますので、
ご覧いただければ嬉しく思います。