にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
久しぶりに、プラレールの改造に関する話題です。
新京成8000形を改造してつくりたいというお問い合わせがありましたので、私なりの方法でお答えしたいと思います。
(写真1 新京成8000形)
新京成8000形

まず、種車としては、小田急8000形プラレールがよいのではないかと思っています。
すでに、完売してしまっているものですが、ある程度プラレールをお持ち(入手)できる環境にあるようですから、こちらをお勧めしたいと思います。
(写真2 小田急8000形プラレール)
小田急8000形プラレール

次に、手を入れる場所として、前面を2枚窓に変更して特徴的なライト(パイプ状のプラ材など)をつけます。また、下部にアンチクライマーをプラ棒などでつけると、より雰囲気がでると思います。
このほか、側面の窓なども修正すると、さらにリアルになってくると思います。そして、最後に、塗装をすれば、それなりのものができるのではないでしょうか。

あまり、手を加えない方法として考えてみました。参考になれは嬉しく思います。
いつものお願いですが、改造は危険を伴いますので十分にご注意ください。また、メーカーのサポートなどもうけられなくなります。すべて自己責任でお願いいたします。

本日(9日)は、この記事のほかに「京急公式からも発表の土砂崩落事故関連の安全対策」などがあります。
関連記事
コメント
コメント
参考になれば
三十路 様
コメントありがとうございます。お役に立つかどうかはわかりませんが、私としては、できる限り考えてみました。
ブログの記事でも、新京成8000形をほしいと書かれていたので、よいものができることを願っています。
2012/11/10(土) 01:07:36 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
ご無沙汰しております。三十路です。ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。早速参考にしてみます。ありがとうございました。
2012/11/09(金) 23:32:42 | URL | 三十路 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する