にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し間が空きましたが、プラレール規格の考察の続きで、Y字ポイントレールです。

比較的新しい定番商品のレールで、その昔発売されていたY字レールをより玩具のような形状にして、方向切り替えができるようにしたような感じのものです。
(写真1 プラレール R-22 Y字ポイントレールの規格)
プラレール Y字ポイントレールの規格

このレールも、基本は直線レール1本分なのですが、計測してみると、最近のものであるにもかかわらず、なんと“2mm長い”ということに気がつき驚きました。
前回の(11)でご紹介したセット品のY字型レールと比べると、“4mmもの差”ができてしまうことになります。
実際に凸部分をきちんと重ねた状態で、ポイントレールを並べた写真も掲載します。
(写真2 プラレール 2種類のY字ポイントレールの比較)
プラレール 2種類のY字ポイントレールの比較

ずっと同じ規格とアナウンスしていますが、次々と長さの違うレールが出てきては、ユーザー側がきちんとつないでも歪みが生じてしまいます。
さらに、歪みが生じた場合、昔のレールは接続部分が材質の関係で折れやすいため、無理な力がかかることは決してよい状態ではありません
プラレールは、鉄道模型などと違い使い捨てでよいという発想にメーカー側がなってきているのかもしれませんね・・・。

最後に補足して、現在発売中のJ-28プラキッズ駅セットほか、島式ホームを約7cmある幅の部分に入れて、単線の列車交換ができる駅を再現することができます。
(写真3 プラレール Y字ポイントレールと島式ホーム)
プラレール Y字ポイントレールと島式ホーム

このほか、つくばエクスプレスの高架セットでは、グレーのY字ポイントレールが使われていました。

資料として残したいと思っていますので、しばらくプラレールの規格について、考察を続けたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
なるほどです
plalayout 様
いずれ記事としてまとめると面白いと思いますが、7.0cm+3.8cm(=10.8cm)≒1/2レール、5.4cm≒1/4レールということですね。以前も、このような関係の話題に触れられていましたが、とても鋭い視点だと思います。
レイアウトは、これまで感覚的に組んでしまうことが多く、このシリーズ(記事)で、はじめて数値にしてみましたので、いろいろなことに気がつけるのは楽しいと思っています。
2012/03/29(木) 01:44:11 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
とてもよいものをお持ちですね
無責任男。様
Y字ポイントレールを実際に測るまでは、約21.4cmだと思っていましたので、とても驚きました。
それから、あの貴重なY字レールを2組も持っているなんて、すごいですね。やはり、模型に近い形でプラレールを楽しむには、旧製品とても魅力的だと思います。
また、コメントに書かれているとおり、スプリングポイントをイメージしたものと、私も思います。
2012/03/29(木) 01:23:05 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
袋の裏にも書いてあるので
記事として確認するまでもないと思いますが、二叉の側の幅が1/2直線の長さとほぼ同じになっているはずですが、レールの間の幅が70mmとすると108mmということになりそうですね。この分だと実際の1/2レールの長さも怪しいですが、ここはほぼ寸法どおりですね。
2012/03/28(水) 23:00:36 | URL | plalayout #mQop/nM. [ 編集 ]
これも長さ違うんですね。
今回のポイントレールは長いんですね。 ビックリですね!
旧製品のY字ポイント2組持ってますが、旧製品のものは左側通行を原則とする構造になって、現在も発売されている複線ポイントレールに入っているレバーの無い方のレールと似た感じで、線路に段差が設けてありますね。
実際の鉄道でいうところの、スプリングポイントみたいなものですかね。
2012/03/28(水) 19:05:46 | URL | 無責任男。 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する