にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
今回は、「単線・複線ポイントレール」についてです。
かなり昔から定番となっていて、セット品にもよく入っているので単線・複線ポイントレールは、おなじみのレールだと思います。直線レール1本分の21.4cmの長さです。
(写真1 プラレール R-13 単線・複線ポイントレール)
R-13 単線・複線ポイントレール

これに加え、一時期セット品のみに入っていた単線←→複線のポイントレールも存在します。
鉄道好きという観点からは、地方の鉄道の対向式ホームで、列車交換(対向列車の待ち合わせ)を再現できそうな、とてもうれしい形のポイントレールです。
(写真2 セットのみの単線・複線ポイントレール)
単線・複線ポイントレール(中央)

しかし、ここでも前回の記事でご紹介した“微妙なレールの長さの違い”があります。やはり、その差は2mmです。
ポイントレールなので、たくさん使うことはないと思いますが、それでも1組で4mm違ってしまうので、レイアウトが多少歪んでしまうかもしれません。
また、メーカーは規格を統一していると思われますので、同じ型での再販の可能性がなくなってしまうことも考えられます。

この2mmの謎について、現在はどうしてかはわかりませんが、いずれ、プラレールの開発秘話などで語ってほしいなと思っています。
関連記事
コメント
コメント
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。
非公開なので詳しく書けませんが、メッセージは拝見しています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
2015/02/07(土) 23:51:19 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/02/05(木) 16:14:20 | | # [ 編集 ]
最近のエコレールも
ぶみうぢ 様
記事をご覧いただき、またコメントを残してくださりありがとうございます。
ずっと変わらない規格をうりにしているプラレールですけれど、意外にも、数ミリ単位でみると結構違ってたりするため、これが何本ものレールをつなげるようになると誤差が大きくなり、レイアウトとがゆがんだり、なじませたりする必要が出てきます。
誤差の範囲は、書いてくださったように、おおよそ1~3mmの範囲となります。比較的最近発売のエコレールでも、これまでのレールと比べて、大きな差があります。
いろいろと情報交換できると楽しいと思っています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2015/02/03(火) 15:33:43 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
不良品ではなかったのか
今日ターンアウトレールR-11の直線部分が直線レールR-01より2mm短いことに気づき、不良品かと思い検索してここにたどり着きました。
プラレール、意外と精度が甘いのですね。
気になって手持ちのR-01レールを測ってみました。R-01同士でも長さにばらつきがあり、タイ製のものよりベトナム製の方が1mmほど長い傾向があるような気がしました。
たぶん製造工場とかの記号なのでしょうが、レールに書かれたメーターのような記号の意味が気になっています。アドバンスレイアウトを作るときは製造時期、工場の差も考慮して組んだ方がよいと感じました。
2015/02/03(火) 01:20:00 | URL | ぶみうぢ #3aXRcdxk [ 編集 ]
説明は過去の記事に
poke 様
ご質問のポイントレールについては、過去の記事の「プラレール規格の考察 (8)廃止品のカーブレール大」に書いてありますので、ご参照ください。
補足として、当時は、現在の複線外側曲線が元になっていたはずなので、そのさらに外側の曲線と、凹凹・凸凸など+直線や1/2直線を1本以上(ポイントの外側に)付けて、組み合わせるということだと思います。(もちろん、ほかの組み合わせもあると思います。)
2012/03/24(土) 00:42:06 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
単線・複線ポイントレール?
名前がイマイチ分からないのですが、
レールの溝がツルツルだった時代の、
単線←→複線のレールがなんだか
特殊で少し気になっています。
簡単に言うと、単線の方は普通ですが
複線側が特殊で、分岐した線路と
線路の余裕(幅)が全く無く、
ピッタリくっついているのです。
これでは、すれ違う時に確実に
接触してしまいますが、あれは
なんでしょうかね・・?
2012/03/23(金) 17:44:54 | URL | poke #9q2FTWbs [ 編集 ]
トーマスシリーズは充実しています
無責任男。様
なぜか不思議ですが、トーマスシリーズは充実していると思います。短期間でもよいので、1組セットの単品として発売してほしかったポイントレールですね。しかも、ローカル風なレイアウトを作るには、凹凸が組になっていないと困ります・・・。
ちなみに、上記のレールと違い、単線・複線ポイントレールのグレーは、未だにファストトライセットに入っていた片側だけしか発売されていなかったはずなので、なんとかしてほしいなと思っています。
2012/03/23(金) 00:31:46 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
凹部の接続部も年代によって
plalayout 様
私は、はじめ気がつきませんでしたが、さすがplalayoutさんは、凹部の接続部という細かいところにも気がつかれたのですね。
早速、手持ちの単線・複線ポイントレール(同型)を見比べてみましたが、製造年代によってすべて同じ型ではないようで、凹部の形も少なくとも2種類あるようです。
型の関係からか、確かに上記のレールは曲がり方が違うのと、やはり年代によって材質が違うため、堅さや折れやすさなども変わるようです。
歴史が長い商品は、いろいろとありますね。こういったことを研究していくもの楽しいと思います。
2012/03/23(金) 00:22:23 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
私も好きですね。
どちらのポイントレールもレイアウトを組む上では必要なポイントですが、私も個人的には気動車が大好きなので、Panda NEKO No.1様と同様Y字ポイント結構好きですね。 このポイントつなぎ目が逆のものありますが、トーマス系のセットにしか入っていなかった気がするので、オスメス一組集めるのが意外と大変なポイントですね。
それにしても、これも2mm違うとは驚きです!
2012/03/22(木) 12:15:53 | URL | 無責任男。 #- [ 編集 ]
細かいところも違っていたりする
この2種類のレールですが、大きさや形以外にも、凹部の接続部の形状が違います。前者は、通常販売されているレール類では、このポイントだけの形です。後者は、直線・曲線その他ポイントと共通の形状です。
また、前者が気のせいか少し薄目な造りで、フニャフニャな造り(力を入れたら割れないで曲がりそう)になっているのに対して、後者は固い構造になっています。
ポイントも他のポイントが表と裏がつながって動く構造であるのに対して、前者は鳩目で止めただけで、表裏は連動したりしなかったりします。
前者は壊れにくい造りだとは思いますが、接続がやはり少し緩く、接続するレールを選択するのにいつも神経を使わせます。
2012/03/22(木) 09:43:04 | URL | plalayout #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する