にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
前回、2011/06/28の記事
プラレール レイアウト カーペット上での脱線防止(1)
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-419.html
からの続きです。

カーペット上のプラレールレイアウトで、ポイントレールが
ある場合、その切り替え部分が、カーペットに引っかかり
中途半端な位置で止まってしまうことがあります。
(写真1 カーペットとプラレールのポイント 切り替え不良1)
カーペットとプラレールのポイント1
(写真2 カーペットとプラレールのポイント 切り替え不良2)
カーペットとプラレールのポイント2

このような場合、ポイントを列車が通過した際に、脱線して
しまいます。
また、切り替え自体もしづらいので、これをスムースに行える
ようにするため、ポイント切り替えの可動部分の下に、平らな
厚紙を敷きます。
(写真3 プラレールレイアウト 脱線防止 ターンアウトレール)
プラレールレイアウト 脱線防止 ターンアウトレール
(写真4 プラレールレイアウト 脱線防止 単線・複線ポイント)
プラレールレイアウト 脱線防止 単線・複線ポイント

見本として、敷いたものは0.3mmのプラ板ですが、少し厚めの
普通の紙で大丈夫です。

このほか、ポイント部分は列車の振動で、可動部分が勝手に
動いてしまうこともあるので、テープで中間部に高い部分を
つくると、これを回避することができたりします。

レイアウトを作っていて、こうしたらいいなと思ったことを
これからも機会があれば書いていきたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する