にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
プラレールの動力車やミスターモーターマンのm2エンジン、
そして、改造車両たちを撮影するときのデジカメなどに
充電式電池のエネループを使いますが、宣伝では約1500回
(新しく登場したものでは2000回)繰り返し使用可能なはずが、
意外と少ない回数で充電不能になってしまいます。
(写真1 充電式電池エネループと充電器 NC-M58)
エネループと充電器

例えば、デジカメに使用しているものですと、
私の場合、6本の単3形エネループを、2本×3交代で使いますが、
入れ換えて数分で「バッテリーを交換してください。」と表示され、
みな充電器に入れても、数十分で充電完了となってしまいました。

そこで気がつくのは、やはりエネループもリフレッシュ(放電)が
必要
だということです。発売当初は、継ぎ足し充電にも強く、
メモリー効果が発生しにくいといわれていましたが、
確かに他の充電池よりはよいものの、ときどきリフレッシュが
必要なようです。

リフレッシュ機能のついた機種の充電器(NC-TGR03など)も
発売されていますが、値段も高く、いまさら買い直すのも
どうかと思うところなので、いつも、参考にさせていただいている
「気の迷い」様のサイトに掲載の「自己電源方式、オートカット
電圧可変ニッケル水素充電池・単セル放電器」
を作ることに
しました。
(写真2 気の迷い様の自作放電器)
気の迷い様の自作放電器

回路図や実体図のほか、設計の趣旨や特徴、さらには各種
実験データまで、事細かに掲載してくださっています。
なお、私が製作したものは、トランジスタを2SD2092のところ、
掲載されている代替品の2SD1412Aを使用しています。
また、1.5Ω 2W 金属皮膜抵抗については、
100℃近い高温になると書いてあったので、
こちらは自己判断で、1.5Ω 10W セメント抵抗に替えました。
※部品の配置等も替えてあります。
(写真3 放電器に使用した2SD1412Aほか)
放電器に使用した2SD1412A

実際に作動させてみたところ、セメント抵抗については、
少し温かいくらいで、まったく危険のない温度
でした。
また、電池自体については全く熱を持たない設計になっている
とのことですので、熱くなるようでしたら、どこかに不具合が
あり危険ですから、使用を中止し確認・修正が必要です。
※真夏は、セメント抵抗が少し高い温度になりますが、触れて
 危ないような温度にはなりません。(2011/11/19 追記)


そして、使用の結果ですが、約2時間の放電で、
指定した約0.9Vに達したようです。
※過放電にならないようにオートストップ(優れものです。)
どうして“ようです”なのかといいますと、指定の電圧に達した
直後に正常な電池であれば1.1V位まで電圧が回復
するとの
ことです。
はじめ放電が終了したものを、測定したところ約1.1V
だったので、製作を失敗したのかと思いましたが、説明を
読み返したところ、これでよいということで安心しました。

この放電が完了した電池を、充電器にかけたところ
充電に2時間以上かかるようになり、終了後の電圧も
1.46Vに回復
しました。
リフレッシュ以前は、1.2V-1.3Vくらいで、
エネループは電圧か低いと聞いていたので、
こんなものかと思っていましたが、1.5V近い電圧に
なるということも知ることとなりました。

このほか、単4形も同じ放電器を使うことができます。
もとの指定では単4形の電池ボックスをつけることになって
いますが、同時に使えるわけではなく、誤挿入防止の観点から、
ソケットを使うことにしました。
(写真4 単4形エネループと電池ソケット)
単4形エネループ
(写真5 単4形エネループと放電器)
単4形エネループと放電器

この放電器は、エネループ以外の充電式電池にも対応して
います。詳しくは、「気の迷い」様の“ニッケル水素充電池
単セル放電器の製作”(入口はトップページ下の方)を
ご覧になってください。

※製作は、自己責任で安全に気をつけて行ってください。
 誤った製作をしますと破裂や発火などの危険があります。
※製作に安全を確保できない場合は、メーカー発売の
 リフレッシュ機能付き充電器を購入してください。
※安価な放電器には、過放電してしまうものもありますので、
 仕様に十分お気をつけください。


[2011/02/15 追記]
スイッチに関することですが、スペースとコスト削減のため、
アレンジして、かわりにピンヘッダにしてあります。
ドライバーなどの金属類でショートさせて作動させています。
後々気が向き、ケースなどに入れてスイッチが必要になった
ときは、ピンヘッダですので、コネクタを使い着脱式で
取り付けることができるようになっています。

[2011/11/19 追記]
室温が高くなる真夏のセメント抵抗の温度上昇に関してと、
新しいエネループに対応した記述を追記しました。
関連記事
コメント
コメント
スイッチはあった方がよいと思います
はなたれ 様
私の机の上には、ドライバーやはさみがいつもあるので、こんな構造になっていますが、普通の環境では、スイッチはあった方がよいと思いますので、はなたれさんの選択がベストだと思います。
エネループの充電能力が回復したときは、とても嬉しいですよ。製作を楽しんでください。
2011/02/15(火) 14:01:29 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
ショートですか
ピンヘッダ、確認できました。わざわざ追記していただきありがとうございました。ただ、ショートだなんて・・・。そういう構造に置きかえられる発想が素晴らしいです。はなたれにはありません。怖いのでそのまま作ります(笑)ケースには入れずに基板むき出しにすると思いますが、ムギ球なんかはでろ?んとぶら下がったままだと思います。
2011/02/15(火) 11:25:19 | URL | はなたれ #- [ 編集 ]
スイッチについて
はなたれ 様
コメントありがとうございます。
言われてみると、スイッチのことについて本文で書くのを忘れていました。(後ほど追記します。)
スペースとコスト削減のため、かわりにピンヘッダにしてあります。ドライバーなどの金属類でショートさせて作動させています。
後々気が向き、ケースなどに入れてスイッチが必要になったときは、ピンヘッダですので、コネクタを使い着脱式で取り付けることができます。
それから、「気の迷い」様のサイトですが、本当に詳しく書いてくださっています。他の記事も、とても参考になり面白いので、お時間があればぜひご覧になってみください。
はなたれさんの製作記なども楽しみしています。
2011/02/15(火) 02:02:42 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
初めましてです
こちらには初めてコメントさせていただきます。
気の迷い様の記事を見て回路図も確認したのですが、ぱっと見「できるのか?」と思いましたが、下の方にかなりわかりやすく説明してありました。
ちなみにぱんだねこさんが作られた回路ではスイッチはどこにあるんですか?
2011/02/14(月) 13:33:56 | URL | はなたれ #- [ 編集 ]
そんなものがあるのですね
poke 様
ついに、ダイソーにも100円充電池が登場したのですか・・・。なんかすごそうですね。
知らないのも何なので、今度機会があったら見てみたいと思います。情報ありがとうございます。
2011/02/12(土) 22:43:17 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
ニッケル水素電池
自分は最近100均のダイソーにて購入した、
「Re VOLTES」なる充電式電池を使ってます。
ちょっとあやしいけどね…
2011/02/12(土) 18:54:04 | URL | poke #9q2FTWbs [ 編集 ]
リフレッシュ機能付きの充電器を買った方が
0677YOU 様
先日は、お世話になりました。ありがとうこざいました。
まずは、エネループのですが、リフレッシュが必要な場合があることを、もっときちんと告知すべきだと思います。上手に利用すれば、環境にも優しく、電池代も安くすむので、改良の余地はあるものの、現状ではかなりよい充電池です。
それから、205系を入手できたのはよかったですね。ブルーは、まだ市場に残っているようなので、定価ならまだもう少し入手可能みたいですね。新AE形については、私はまだ買っていないので、単品販売はありがたいです。
AE100形は、こちらの製作が早く終われば出る?かもしれませんよ。(なんて。)改造はしないでくださいといいつつ、誰かが作った改造車の一部は、そっくりなものが、その後、製品化されるのは気がついた者のみが知るお約束です・・・。(これ以上は、書かない方がいいですね・・・。)
2011/02/12(土) 01:29:36 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
最近は入手しやすくなりました
ケンメリGT-R 様
まずは、先にお尋ねの電池ボックスの件ですが、大きなホームセンターであれば入手できる可能性が高いです。また、家電・カメラ量販店でも置いてあるところが増えています。タミヤのシリーズ(スイッチなどついて価格が高め)でしたら模型店などでも入手できると思います。
それから、エネループについては、かなり使いやすい充電池ですが、使用方法に注意しないと長くは使えません。しかし、うまく使えば、毎回電池を買うよりも、ゴミも少なく、安く使うことができます。
それから、13日の件で後ほどメールをしますので、ご確認ください。
2011/02/12(土) 01:13:17 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
お久しぶりです
お久しぶりです。
しばらく来れなくてすみませんでした。
充電電池が1500回充電できないとは…。
「何回でも充電可能」とありますがあてになりませんね。
あと、6月に新AE形が単品販売(市販)されるそうです。→http://www.1999.co.jp/list/998/0/1
勢いに乗ってAE100形も単品販売してほしいものです。
ちなみに今日某デパートで205系を入手しました!(定価でしたが…)
2011/02/11(金) 23:32:26 | URL | 0677YOU #- [ 編集 ]
1500回も繰り返し使えない・・・
初めて知りました(笑)
それにしても凄いですね。
こんなものを作ってしまうとは・・・
電池といえば、聞きたいことがあるんですけど、
電池ボックス等ってホームセンターなどに売ってるのでしょうか?
2011/02/11(金) 22:49:43 | URL | ケンメリGT-R #1lYywpys [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する