にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
久しぶりに、鉄道模型に使用している道具の紹介で、昨年(2020年)の夏頃に購入したプラスチック製ピンセットです。
小さなパーツを取り付ける際に、金属製ピンセットを使っての作業で、うっかり車両などを傷つけないようにするために導入したものです。
(写真1 TOMIX 103系京浜東北線とピンセット)
TOMIX 103系京浜東北線とピンセット

ピンセットの形状などで、いろいろと種類がありますが、自分の作業内容を考えて、1つ目は「トラスコ中山 TPP-231 120mm 先丸型」を選択しました。
(写真2 トラスコ中山 TPP-231 プラスチック製ピンセット)
トラスコ中山 TPP-231 プラスチック製ピンセット

半年ほど使ってみて、なかなか使い勝手がよいと感じています。
ただ、パーツの形状によっては、つかみづらかったり、滑って飛ばしてしまう危険性もあるので、ピンセットの先に両面テープを巻くなどして使うこともしばしばあります。
(写真3 プラスチック製ピンセットと両面テープ)
プラスチック製ピンセットと両面テープ

作業内容に合わせて、ちがう形状のピンセットも導入すると、もっと便利になるのではないかとも考えています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する