にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線工事(東急新横浜線)は、前回記事から約9ヶ月ぶりとなる、2020年12月上旬の日吉駅付近の進捗状況てす。
東急バス・川崎鶴見臨港バス(京急グルーブ)箕輪町バス停付近からとなります。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年12月上旬)
相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年12月上旬

高架上は、引上線や地下との出入口となるあたりで、東急線内からはほぼ完了しているように見えますが、地上は工事がつづいています。
稼働している機材や作業員の人数も、以前より多く見られました。
(写真2 工事広報板 日吉駅付近)
工事広報板 日吉駅付近

歩行者通路は現在もあり、引き続き反対側(山側)と行き来することができます。
(写真3 歩行者通路 箕輪町バス停付近)
歩行者通路 箕輪町バス停付近

“のるるん”のかわいい絵をたくさん見ながら高架下をくぐり抜けたところから線路側を見てみると、橋脚など以前よりきれいになっていました。
(写真4 歩行者通路 山側)
歩行者通路 山側

いつもでしたら、ここから日吉駅方向にもどっていきますが、今回は、線路に沿って綱島(新綱島)駅方面へ歩いてみることにします。
(写真5 箕輪町から綱島駅方面 山側)
箕輪町から綱島駅方面 山側

一部、高架下の作業をしているところも見られましたが、日吉駅に近いところは、ほぽ完成といった感じに見えました。
(写真6 東急東横線上り 東京メトロ副都心線の走行)
東急東横線上り 東京メトロ副都心線の走行

ただ、ここら先、綱島駅方面に向かうと、大きな工事用の穴が開いていたり、機材なども高架下に置かれていたりしました。
このあたりは、次回の進捗状況の記事への続きとします。

そういえば、もう一方のルートで、相鉄・JR直通線(横須賀線・埼京線直通/羽沢横浜国大駅)は開通(開業)1年となり、早いものだと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する