にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、京商(鉄道模型・Nゲージ)「1/150スケール ダイキャストバスシリーズ 路線バス2~いすゞ エルガLV234L1/日野ブルーリボン2KV234L1 横浜市営バス」の2台目を入手しています。
バスコレの「川崎鶴見臨港バス」(京急グループ)や毎日堂の「雑居ビル(8階建/塗装済キット)」 などを使って、今回も簡易配置してみました。
モデルのバスが所属する港北営業所(新横浜駅)付近の片側3車線ある環状2号線のようなイメージです。
(写真1 京商 1/150 いすゞ エルガLV234L1 横浜市営 2台目)
京商 1/150 いすゞ エルガLV234L1 横浜市営 2台目

2台目の“いすゞ エルガLV234L1”は、右側のもので、1台目同様に安価で入手しましたけれど、とてもよい状態でした。
なお、1台目の時に、現在の路線の案内をしていますが、側面の表示は、テーマにも沿っている「41系統 鶴見駅西口→ららぽーと横浜」(現在は、新横浜駅-ららぽーと横浜など)となっていることを付け加えておきます。
(写真2 京商 1/150 いすゞ エルガLV234L1 横浜市営バス)
京商 1/150 いすゞ エルガLV234L1 横浜市営バス

これで、TOMYTECのバスコレを合わせて、1/150サイズの横浜市営バスは、7台となりました。
横浜市営バスだけでも、営業所のようなイメージを作れそうな感じです。
(写真3 TOMYTEC・京商 1/150 横浜市営バス)
TOMYTEC・京商 1/150 横浜市営バス

情景パーツや車両なども、まだたくさん掲載を待っているものがあるので、イメージなども楽しみながら記録できればと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する