にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、横浜市営バスの5台目となるTOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)「バスコレクション 第28弾~横浜市交通局」を入手しました。
第28弾は、日野ブルーリボンシティハイブリッドで、東京都交通局・名古屋市交通局・京都市交通局・京成バスなど、12種類+シークレット1種類が発売となりました。
(写真1 トミーテック バス営業所と横浜市営バス)
トミーテック バス営業所と横浜市営バス

今回は、某ショップの開封売りでの入手となりました。
(写真2 TOMYTEC バスコレ 第28弾 横浜市交通局)
TOMYTEC バスコレ 第28弾 横浜市交通局

なお、モデルとなっているのは、浅間町営業所に所属の現役車両(2020年6月現在)で、「36系統 横浜駅西口」ゆきです。
(写真3 バスコレ 第28弾 横浜市営バス 36系統)
バスコレ 第28弾 横浜市営バス 36系統

36系統は、横浜駅西口と緑営業所を結ぶ(西菅田団地、菅田町 経由または止まりを含む)路線であることから、浅間町と緑の両営業所のバスで運行されています。
(写真4 バスコレ 第28弾 横浜市営バス 側面)
バスコレ 第28弾 横浜市営バス 側面

また、入手のテーマとなっているJR京浜東北線(東海道線・横須賀線・京急線など)とも、横浜駅-東神奈川駅の間は、短い距離ではありますが併走もします。
(写真5 バスコレ 横浜市営バス 36系統横浜駅西口ゆき)
バスコレ 横浜市営バス 36系統横浜駅西口ゆき

テーマに合わせて、準備したかった車両の一つですので、無事に入手できてよかった思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する