にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
前回のTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)基本セット」と同時に、再生産された「国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー」も入手しました。
これで、トミックスの103系HG・冷房車は、プラスアルファとして、発売されていないモハユニット・スカイブルーの冷改車で、同色に塗り替えたものを含めて、冷房車がすべて揃いました。
(写真1 TOMIX 103系 新製冷房車 スカイブルー)
TOMIX 103系 新製冷房車 スカイブルー

まずは、今回、入手した「サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー」です。
(写真2 TOMIX サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー)
TOMIX サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー

再販品ではありますが、初めての入手ですので、ケースも記録しておきます。
(写真3 TOMIX 国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー)
TOMIX 国鉄電車 サハ103形 ユニットサッシ・スカイブルー

そして、コンプリートした冷房車編成を順に見ていきます。
はじめは、両先頭車両の「クハ103 高運転台ATC車」です。基本セットのものです。
(写真4 TOMIX クハ103 高運転台ATC車×2)
TOMIX クハ103 高運転台ATC車×2

つぎに、「モハ103-モハ102 ユニット窓車」(モハユニット)で、基本セットに含まれるモハ102に動力がついているものと、増結セットのT車です。
(写真5 TOMIX モハ103-モハ102 ユニット窓車×2)
TOMIX モハ103-モハ102 ユニット窓車×2

そして、現在は製品化されていない「モハ103-モハ102 冷改車」(非ユニット窓)となります。
ウグイス色(山手線)から、調色したスカイブルーへ塗り替えたものです。
(写真6 TOMIX モハ103-モハ102 冷改車 塗り替え)
TOMIX モハ103-モハ102 冷改車 塗り替え

最後は、「サハ103」は、初期型冷改車(非ユニット窓)と、今回入手のユニット窓車(新製冷房車)です。
これまで、初期型冷改車が2両でしたので、ひとまず塗り替え済みの屋根を1両交換しました。
(写真7 TOMIX サハ103 初期型冷改車とユニット窓車)
TOMIX サハ103 初期型冷改車とユニット窓車

10両貫通で、ユニット窓と非ユニット窓車が混在するオール冷房車の京浜東北線が揃いました。
図書館で調べた編成表(過去記事掲載済み)によると、国鉄末期の浦和電車区に、この組み合わせは実在したようです。
なお、非冷房車を含む編成も、再構成して、いずれ掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する