にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
旧・田町車両センター再開発の進捗状況は、新駅「高輪ゲートウェイ駅」の開業を控えた2020年3月上旬の様子です。
品川駅付近も大がかりな工事が進んでいますが、今回も新駅付近を中心に見ていきます。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2020年3月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2020年3月上旬

前回は、「大きく変化し始めた泉岳寺駅・高輪ゲートウェイ駅付近」ということで、都営浅草線・京急線 泉岳寺駅からの新駅を見たところでしたが、今度は駅側から泉岳寺駅方向を見るために、山手線内回り(最も山側を走る)電車の車内からです。
つい先日まで走行していた線路の架線柱が、かなり遠くに見えています。
(写真2 遠くに見える旧線の架線柱と手前の枕木)
遠くに見える旧線の架線柱と手前の枕木

新駅が近づきますと、あっという間に整備された駅前の様子が見えてきます。
おしゃれな屋根の小さい建物が、たくさん作られていることに気がつきました。
(写真3 高輪ゲートウェイ駅の駅前)
高輪ゲートウェイ駅の駅前

新駅を通過後、すぐに見えてくるのが、泉岳寺交差点(泉岳寺駅)からの新しい道路です。
(写真4 泉岳寺駅から高輪ゲートウェイ駅までの道)
泉岳寺駅から高輪ゲートウェイ駅までの道

新駅付近をさらに過ぎて、田町駅方面に進みますと、線路近くに穴を開けた場所がありました。
(写真5 高輪ゲートウェイ駅から田町駅方面)
高輪ゲートウェイ駅から田町駅方面

線路の移設で、線路と街の境界線が変わりますので、新しいフェンスもどんどん作られています。
(写真6 線路脇のフェンス)
線路脇のフェンス

来週末(2020年3月14日)には、ダイヤ改正とともに、いよいよ「高輪ゲートウェイ駅」が開業となり、高輪台駅(都営浅草線)、白金高輪(都営三田線・東京メトロ南北線)に加え、「高輪」のつく駅名がまた1つ増えることになります。
それぞれの駅は、それなりに離れていますが、泉岳寺駅との乗り換えも含めて、より便利になっていくものと思われます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する