にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備は、TOMYTEC(鉄道模型・Nゲージ)バスコレ横浜市交通局の3台目を入手しました。
横浜市営バスは、線路と並行して走る姿を見ることができる区間も多く、重要なアイテムの一つです。
(写真1 バスコレ 横浜市営バス 3台目)
バスコレ 横浜市営バス 3台目

今回、新たに加わったのは、「全国バスコレクション 横浜市交通局 日野ブルーリボン 浅間町営業所」です。
同じものとしては、約1年ぶりの2台目となりますが、こちらのパッケージは1台目の時に掲載していなかったと思いますので、記録しておきます。
(写真2 全国バスコレクション 横浜市交通局 浅間町営業所)
全国バスコレクション 横浜市交通局 浅間町営業所

表示は、44系統 横浜駅西口ゆきで、この1台目の時に、路線の説明をしていますので、詳細は省略します。
(写真3 バスコレ 横浜市営バス 44系統 横浜駅西口ゆき)
バスコレ 横浜市営バス 44系統 横浜駅西口ゆき

なお、モデルのバスは2016年製ということで、まだ長く活躍する現役の車種です。
(写真4 バスコレ 日野ブルーリボン QDG-KV290N1)
バスコレ 日野ブルーリボン QDG-KV290N1

横浜市営バスの現役車両は、オープンパッケージで複数発売されたことから、新品・中古ともにどちらかといえば入手しやすい方なので、様子を見ながら、もう少し増やしていきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する