にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型の京浜間(京浜東北線)の沿線イメージの準備で、建物に、厚みのない発光素材を使用したいと思っていたところ、電子工作のワンダーキットシリーズ(共立)に、「切れるEL+インバータセット2」というものがあり、早速取り寄せて試してみることにしました。
(写真1 共立 切れるEL白色+インバータセット2)
共立 切れるEL白色+インバータセット2

発光するEL(Electronic Luminescent)板と、これを直流12Vから交流100V(600Hz)に変換するインバータなど一式ついて、実売価格で約2,000円前後です。
※現在、EL板を使用するには、比較的便利で安価なものです。
(写真2 切れるEL+インバータセット2 内容)
切れるEL+インバータセット2 内容

EL板はとても薄く、多少制約はあるものの、好きな大きさ・形に切断して使用することができます。
(写真3 とても薄いEL板)
とても薄いEL板

実際に、どのような感じで点灯するのかを確認することにします。
この際に、600Hzとはいえ交流100Vを出力していますので、ショートさせないように、また電源ON時、絶対に触れないように慎重に準備します。
(写真4 EL板とインバーターをセット)
EL板とインバーターをセット

まずは、順当に電源ダプター・AC100V(50~60Hz)→DC12Vでセットします。
ピンク色のEL発光面が、白色で発光しました。
(写真5 EL板を12Vのアダプターで点灯)
EL板を12Vのアダプターで点灯

つづいて、乾電池8本・DC約12Vでセットします。
電源ダプター使用時と同様に発光しました。
(写真6 EL板を12Vの乾電池8本で点灯)
EL板を12Vの乾電池8本で点灯

ただし、電源アダプター、乾電池どちらの場合も、暗いところでは白色というよりは、やや緑かがった色になり、光はあまり強くありません。
(写真7 暗い場所での発光)
暗い場所での発光

テストしてみた結果としては、出力・AC100V、発光状態、コストなとで、どこにでも簡単には使えないという感じです。
しかし、ここはこれしかないというものに、配線などに十分注意して、チップLEDの代わりに利用すると、点灯化できる範囲が広がるのではないでしょうか。

ひとまず、EL板を使ってみたかった建物は、いったん別の方法にしましたので、それについては、後日の掲載予定です。
いずれにしても、EL板はとても便利な素材ですので、あらためて別のところでの活用を考えてみることにしたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する