にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線工事の進捗から日吉駅付近の様子は、前回記事より約9ヶ月ぶりとなる2020年1月中旬の1回目です。
まずは、東急東横線の地下へ潜るあたり(日吉第一架道橋)、日吉駅-新綱島駅間からです。
(写真1 相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年1月中旬)
相鉄・東急直通線工事 日吉駅 2020年1月中旬

鉄道新設工事の案内板は、2020年3月末までとなっていますが、さらに書き換えられるのか、それとも一部完了するのか気になるところです。
(写真2 工事の案内板)
工事の案内板

すでに、前回記事の時点で架道橋は閉鎖されていて、仮設の歩行者通路になっていましたが、少し雰囲気が変わったような気がします。
(写真3 歩行者通路の入口付近)
歩行者通路の入口付近

歩行者通路には、東急線と相鉄線がつながるアピールとともに、キャラクターの“のるるん”がいろいろな姿で描かれています。
(写真4 歩行者通路)
歩行者通路

そして、歩行者通路を抜けて、山側から日吉駅方面を見てみます。
橋脚なども形になって、全体的にスッキリしてきたように見えますが、またまだ、大がかりな工事が進められているようです。
(写真5 日吉駅方面)
日吉駅方面

あとねこちら側の歩行者通路の入口付近は、何回か折り返すスロープになっています。
(写真6 工事区間山側からの歩行者通路入口付近)
工事区間山側からの歩行者通路入口付近

相鉄・JR直通線(東海道貨物線・横須賀線)が開業して、早くもなれてきた感じがありますが、相鉄・東急直通線(新横浜線)も、だいぶ現実のものとなってきたように思います。

次回は、続きで、もう少し日吉駅に近いところと、日吉駅の様子を記録する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する