にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
埼玉県蕨市にある大荒田交通公園で2019年12月1日(日)に開催の「第6回SLまつり」に、今年もスタッフとして参加させていただきました。
オープニングでは、SLの保存活動をしている倶楽部の代表をはじめ、市長さんなどの市の関係者の方々のほか、鉄道模型メーカとしても知られる同市内のマイクロエース(有井製作所)の社長さんも、お話をされました。
(写真1 第6回SLまつり 大荒田交通公園 2019年)
第6回SLまつり 大荒田交通公園 2019年

イベントは、メインの C11 304号機を中心に、これを盛り上げるコーナーがいくつか設けられています。
(写真2 募金コーナー)
募金コーナー

今回は、昨年のイベントでは、まだ試作品だった保存車両仕様のC11 304号機が、ふるさと納税の返礼品の製品として完成し、数量限定で特別価格にて販売されました。
(写真3 マイクロエース C11 304号機 特別販売)
マイクロエース C11 304号機 特別販売

完成度の高い車両は、担当させていただいたNゲージの運転体験コーナー(無料)にも登場して、多くのお子さんたちが身近で“動く”保存車両を楽しんでいただきました。
(写真4 マイクロエース C11 304号機 Nゲージ)
マイクロエース C11 304号機 Nゲージ

また、同コーナーは、今年4線に増やし、駅も新設して、市内の蕨駅に停車する歴代の京浜東北線で、お子さんたちに遊んでもらいました。
(写真5 Nゲージコーナー)
Nゲージコーナー

このほか、例年寒い時期に開催されますので、町内会の方々の協力による暖かい飲食の販売コーナーもあります。
(写真6 飲食販売コーナー)
飲食販売コーナー

最後に、2019年の記録として、昨年から新しくなった「SLを紹介する看板」です。
(写真7 昨年から新しくなったSLを紹介する看板)
昨年から新しくなったSLを紹介する看板

そして、今年も修繕活動が行われた「C11 304」保存車両です。
(写真8 大荒田交通公園の保存車両 C11 304)
大荒田交通公園の保存車両 C11 304

地道なSLの保存活動を行っている「わらてつ倶楽部」の皆様や、これを支援する市をはじめ、市内の関係者の方々など、本当にすてきな街(市)だと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する