にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
イベントで、お子さんたちにNゲージを運転体験してもらうときに、「ホームで電車を停めたい。」よく言われます。
レイアウトや設置スペースの関係もありますが、そろそろ何とか要望に応えたく、ホームをショッピングサイトで探していたところ、TOMIX (鉄道模型・:Nゲージ)に「ミニホームセット」というものがあることを知りました。
島式ホームでありながら、TOMIXの複線幅を変えることなく、線路と線路の間にホームを設置することができるものです。
(写真1 ミニホームセットを使った東海道線の簡易イメージ)
ミニホームセットを使った東海道線の簡易イメージ

試しに1セット入手してみたところ、イベントに使えそうだったことから、出展する予定レイアウトに合わせて、全部で3セット用意して組み替え、2面4線のホームとして構成しました。
(写真2 TOMIX ミニホームセット 1セット分)
TOMIX ミニホームセット 1セット分

このミニホームは、かなり狭くおもちゃのような感じもありますが、改札方面へ下る階段もパーツとして付いています。
(写真3 改札への階段)
改札への階段

屋根にも、駅名標や番線を表示する案内をつけることができます。
(写真4 駅名標などのパーツ)
駅名標などのパーツ

また、ホーの先端にも電灯などを設置することができます。
(写真5 島式ホーム先端)
島式ホーム先端

このほかに、対向式ホームに変更するための壁や柵も付属してます。
(写真6 対向式ホーム壁)
対向式ホーム壁

これは、島式ホームの先端を絞らず、編成の長さが短い列車用の転落防止柵としても使うことができます。
(写真7 対向式ホーム柵)
対向式ホーム柵

早速、次のイベントから使ってみて、さらによい利用方法があるか考えてみたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する