にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日、西日本鉄道(西鉄)で、太宰府天満宮へ行ったことについて記事にしましたが、帰りの列車から「西鉄天神大牟田線連続立体交差(事業)工事」の様子(2019年11月上旬)が見られましたので、併せて記録することにします。
相鉄・JR直通線や東北縦貫線(上野東京ライン)のように、継続して記録できる地域ではありませんので、阪神電車の時のように1回だけになると思います。
(写真1 西鉄天神大牟田線連続立体交差事業)
西鉄天神大牟田線連続立体交差事業

西鉄二日市駅を出発して、都府楼駅を過ぎると、工事中の高架区間が見えてきます。
線路はこの脇を通る形で、下大利駅へと近づいていきます。
(写真2 下大利駅付近)
下大利駅付近

そして、白木原駅直前から直上区間になり、工事中の高架の真下を通ることになります。
(写真3 白木原駅付近)
白木原駅付近

電車の見た目からは、あまり想像できませんが、この直上工事区間の様子や列車の音などからは、京浜急行線の京急蒲田駅付近の工事を思い起こさせます。
ちなみに、線路幅(軌間)も、1435mmの標準軌で同じになります。
(写真4 春日原駅付近)
春日原駅付近

高架下のために、景色はあまりよく見られないものの、すれ違う、いろいろな形式の列車は魅力的です。
(写真5 西鉄3000形とのすれ違い)
西鉄3000形とのすれ違い

やがて、開業予定の新駅、雑餉隈駅を過ぎると、井尻駅手前で立体交差工事区間は終わります。
※乗車経路順で、立体交差事業としての起点と終点は、下り線方向になります。
(写真6 雑餉隈駅~井尻駅間)
雑餉隈駅~井尻駅間

工事がだいぶ進んだところでの記録となりましたので、ちょうどよいタイミングでしたし、西鉄福岡(天神)駅-太宰府駅間の西鉄の一部ではありますが、いろいろと楽しむことができてうれしく思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する