にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの7回目で、京急車両部品等販売コーナーなどです。

まずは、会場一番奥の方の「京急車両部品等販売」コーナーです。
時間が早いこともあって、車両の座席など、人気の車両部品がたくさんあります。
(写真1 車両の座席など)
車両の座席など

別のテント下には、方向幕がずらりと並んでいる様子も見られました。
(写真2 方向幕など)
方向幕など

事前応募(抽選)の優先時間内ですので、混乱なく順番に選ぶことができます。
(写真3 京急車両部品等販売コーナー)
京急車両部品等販売コーナー

つづいては、「運転台撮影」コーナーです。
今年は、新1000形アルミ車が使用されていました。
(写真4 運転台撮影 新1000形)
運転台撮影 新1000形

その手前、「信号機操作体験」コーナーは、運転台撮影と同じく、小学生以下と保護者のペア限定ですが、こちらも賑わっています。
(写真5 信号機操作体験コーナー)
信号機操作体験コーナー

そして、地味ながら人気の復元車両は、デ1形からです。
(写真6 デ1形復元車両)
デ1形復元車両

そのとなりは、鮮やかになったデ51形です。
(写真7 デ51形復元車両)
デ51形復元車両

さらに、鉄道模型を作る方などは、特に気になるであろうOK18台車です。
(写真8 OK18台車)
OK18台車

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、あと1~2回の予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する