にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの6回目で、京急ミュージアムや物販コーナー(川崎鶴見臨港バス)などです。

このフェスタをモデルにした鉄道模型(Nゲージ)のジオラマが展示されていましたけれど、ここは、今後、オープン予定の「京急ミュージアム」(仮称)の紹介コーナーです。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタのジオラマ)
京急ファミリー鉄道フェスタのジオラマ

みなとみらい21地区(神奈川県横浜市西区)に建設中の京急グループ本社ビル(仮称)内にオープン予定の、京急ミュージアム(仮称)の概要がわかりるようになっていました。
(写真2 京急ミュージアムの紹介)
京急ミュージアムの紹介

歴代の車両の鉄道模型や鉄道おもちゃ(プラレール)なども充実するようです。
(写真3 京急の鉄道模型)
京急の鉄道模型

また、16.5mm 1/80サイズ(HO/16番)の鉄道模型は、ジオラマにも力を入れるようです。
(写真4 1/80サイズのジオラマ)
1/80サイズのジオラマ

なお、こちらの会場の大部分は、物販コーナーになっていて、相互乗り入れをしている東京都交通局や京成電鉄などから、関係の深い、東急や小田急、さらには関西方面から、阪神など多くの鉄道事業者の出店がありました。
(写真5 物販コーナー)
物販コーナー

なかでも、京急電鉄のグッズショップ「おとどけいきゅう」の野外ブースでは、長蛇の列となっていました。
(写真6 おとどけいきゅう 屋外ブース列の最後尾)
おとどけいきゅう 屋外ブース列の最後尾

このほか、グループ会社の「川崎鶴見臨港バス」の物販コーナーも賑わっていました。
(写真7 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

バス関連グッズに加えて、バス停で使われていた名票など、気になるものが多く見られました。
(写真8 臨港バスのバス停名)
臨港バスのバス停名

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、別の話題を入れて、あと数回、記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する