にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの4回目で、主工場内のイベント、車体上げ作業実演などです。

このフェスタでは、お子さんとその家族のみというイベントが多い中、誰もが間近で見ることができるものの一つです。
(写真1 車体上げ作業実演)
車体上げ作業実演

普段は見ることがない、2100形の車体がジャッキアップされた様子は迫力があります。
(写真2 ジャッキアップされた2100形)
ジャッキアップされた2100形

実演が行われていないときは、リフチングジャッキだけが目立ちます。
(写真3 リフチングジャッキ)
リフチングジャッキ

一方、車輪などは、工場内の配置の関係からか、自由に見学できるところからは、少し離れたところにあります。
(写真4 車輪)
車輪

そして、この実演が行われた近くには、工場内で使われている作業用の車両なども展示されていました。
(写真5 主工場内の作業用車両)
主工場内の作業用車両

また、一部のクーラーカバーは、鉄道模型の製作などでも参考にできるほど、近くでゆっくりと見られるようにもなっています。
(写真6 クーラーのカバー)
クーラーのカバー

このほか、見過ごしてしまいそうなところでは、天井に、久里浜、品川、海、山の各方向を表す表示があります。
(写真7 天井の方向を示す看板)
天井の方向を示す看板

あと、キャラクターの“けいきゅん”と写真撮影できる場所があり、お子さんたちに、とても人気がありました。
(写真8 けいきゅんと写真撮影)
けいきゅんと写真撮影

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、他の話題を入れながら、もうしばらく記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する