にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ようやく更新を再開できるところまでとなりました。
まだ、手続きなどがたくさんありますので、少し間が開くことがあるかもしれませんが、ひとまず更新を再開いたします。

掲載が途中になっていました、2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの3回目で、側面方向幕など主工場内の各種操作体験からです。
(写真1 主工場内のイベントから)
主工場内のイベントから

人気のコーナーの一つ、側面方向幕操作体験は、フルカラーLEDの表示器も含めて、種別・列番など、いろいろとそろっています。
(写真2 側面方向幕操作体験)
側面方向幕操作体験

旧式のダイヤルを回転させる指令器との組み合わせなども、例年通り体験できました。
(写真3 指令器と行先方向幕)
指令器と行先方向幕

近くには、空ノッチ操作体験コーナーがあり、連動して動く、床下機器の内部を見ることができます。
(写真4 空ノッチ操作体験)
空ノッチ操作体験

主工場内の場所を移動しますと、2100形のイスを転換させるレバー操作を体験できるコーナーもあります。
(写真5 2100形・転換イス)
2100形・転換イス

また、車両基地の公開では、多くのところで見られる“パンタグラフ”の上げ下げも体験できます。
(写真6 パンタグラフ上げ下げ)
パンタグラフ上げ下げ

このほか、入場中の2100形を間近で見るなど、工場ならではの様子が勉強にもなります。
(写真7 2100形)
2100形

そして、さりげなく積まれた床下機器も、鉄道模型製作の参考には、とてもありがたい展示です。
(写真8 床下機器など)
床下機器など

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、開催から約2週間が経過してしまったため、他の話題を入れながら記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する