にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2019年5月19日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2019」からの2回目で、旧1000形展示や正面表示器実演コーナーなどからです。

引退後、きれいになった旧1000形は、展示されるだけではなく、特別に車内へ入ることができて、とても人気でした。
(写真1 旧1000形展示)
旧1000形展示

旧1000形のとなりには、2000形リバイバルカラーも並び、他コーナーの展示を含め、久里浜工場が1日限定の博物館のようになっています。
(写真2 2000形リバイバルカラー)
2000形リバイバルカラー

正面の行先・種別表示を決められた時間に限り、リクエストに応えてくけるという、正面表示器実演コーナーとして、この場所が例年通り設定されています。
(写真3 正面表示器実演)
正面表示器実演

2000形の右隣には、1500形が並び、京急創立120周年のヘッドマークが掲出されていました。
(写真4 1500形と京急創立120周年マーク)
1500形と京急創立120周年マーク

また、別の時間には大師線にかわり、実演時間以外でも、いろいろな表示を楽しむことができます。
(写真5 1500形大師線表示)
1500形大師線表示

さらに、大師線の行先方向板も登場して、“京浜川崎”のような駅名と看板の懐かしさと歴史を感じさせます。
(写真6 大師線の行先方向板)
大師線の行先方向板

あと、もっとも右側(海側)には、2100形の姿もありました。
(写真7 2100形)
2100形

旧1000形・2000形・1500形・2100形のこれら4形式が並ぶ、入出場検査場の屋根の美しい形状も、押さえておきたいところの一つだと思います。
(写真8 入出場検査場)
入出場検査場

京急ファミリー鉄道フェスタ2019の話題は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する