にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜東北線(横浜線)を想定した103系(鉄道模型・Nゲージ)のうち、グリーンマックスのEVO・HQ用と組み合わせる、TOMIXの103系(HG)先頭車、クモハ・クハの足回りは、それぞれ、モハ103とサハ103をベースにパーツを集めて作ることで、クハ103(低運)用も安価にそろえることができました。
(写真1 103系 TOMIXの足回りと GMのEVO車体)
103系 TOMIXの足回りと GMのEVO車体

ただ、以前クモハの足回りがそろったときにも書きましたけれど、手ブレーキの大錯車だけは、パーツ取り側の車両がともに高運転台車だったために、一体成形になっていて取り外せないことから、何らかの加工をする必要があります。
(写真2 TOMIX クモハ103・クハ103足回り 大錯車を除く)
TOMIX クモハ103・クハ103足回り 大錯車を除く

当初の候補は、KATOのクハ103高運転台車のみでしたが、TOMIXも余剰が出たことと、どちらも似たような感じなことから、選択が増えたのではないかと考えています。
(写真3 TOMIX KATO クハ103から大錯車を取る)
TOMIX KATO クハ103から大錯車を取る

このように、2両分そろったことから、次の作業は、いよいよ大錯車の加工になるとかと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する