にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)の同じ左分岐の合成枕木ポイントを1本増やして、PC枕木レールとの組み合わせで、片渡り線でも遊べるようにしました。
E217系4次車・更新車(横須賀線/総武線快速など)4両で、進行方向を変えて、上下線を入れ替えるイメージです。
(写真1 TOMIXの合成枕木ポイン2本で片渡り線)
TOMIXの合成枕木ポイン2本で片渡り線

使用したポイントは、中古のもので安価に構成するため、いずれも、手動ポイントに、ポイントN駆動ユニットを組み込んだものです。
(写真2 TOMIX 電動化した合成枕木ポイント 左分岐×2本)
TOMIX 電動化した合成枕木ポイント 左分岐×2本

JR線では、通常のとき、引上線を使用する場合がほとんどで、日常的にポイントを超えたところの本線上で方向転換して、ポイントを渡ってくるのは、京急線などや、スプリングポイントになっている路面電車などの方が、もっとイメージがぴったりなのかもしれません。
(写真3 方向を転換準備中のTOMIX E217系)
方向を転換準備中のTOMIX E217系

都市部の鉄道には、PC枕木や合成枕木などのレールが実感的なので、今後、様子を見ながら増やしていきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する