にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線工事・日吉駅付近2019年4月上旬の様子の続きの前に、ひとつ模型の話題を挟みます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)「JR 209-2100系通勤電車(房総色)セット」~モハ208-2100の トイレ付き車両を比較的安価で入手しました。

京浜東北線からの転属で、房総地区用に手を加えられ0番台から2100番台になった編成にも興味がありますけれど、ひとまず今回は、E217系(4次車)更新車(横須賀線・総武線快速など)の2編成目で残りの1両、モハE216を完成させるための部品取りとなります。
(写真1 TOMIX 209系2100番台とE217系更新車)
TOMIX 209系2100番台とE217系更新車

数年前を境に、TOMIXのE217系(4次車)更新車(特にばらしの中古)をほとんど見かけることがなくなってしまい、更新タイプの床下1両分だけがそろっていなかったことから、共通のパーツを持つ車両を含めてずっと探していましたところ、ようやく出会えたというわけです。

なお、E217系のモハE217-モハE216のユニットは、いずれも更新車では床下が変わり、209系0番台の更新車でもある上記の2100番台や、南武線なとで活躍して、うち1編成はB.B.BASEとなった2200番台なども、実車もほぼ同じことから、ユニットの各車両は、ぞぞれが共通の床下パーツになっています。
(写真2 TOMIX モハE216-2000更新車とモハ208-2100)
TOMIX モハE216-2000更新車とモハ208-2100

モハE216更新車に床下(台車は別)を提供する前に、単独でのモハ208-2100で、6両編成、4両編成のどちらにも1両組み込まれているトイレ付きに改造された車両です。
ちなみに、2100番台、2200番台の模型は、元の車両が妻面にビートがないなどのタイプ(東急・新津)なことから、0番台のモデルとなった車両(川重)とはちがう新規でボディーが模型化されています。
(写真3 TOMIX モハ208-2100 トイレ付き車両)
TOMIX モハ208-2100 トイレ付き車両

関連しては、209系0番台・京浜東北線が、これら新規ボディーに変わった、TOMIX「限定品 JR 209-0系通勤電車(7次車・京浜東北線)セット」(うち1両は、実車と同じく、従来のビートありを含む)の発売が予定されていて、更新前と更新後、また車両製造メーカーの差異などをより楽しめるようになります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する