にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)103系の京浜東北線は、6+4の10両編成で、ATC、非冷房車の各基本セットが組み込まれているため、動力車が2両となっていました。
通常の走行では1Mで十分なことから、いつかは、初期型非冷房車のモハ102の動力を、動力のない床下+台車と差し替えたいと思っていましたところ、ようやく安価な中古品に出会ったことから、それが実現することとなりました。
(写真1 TOMIX 国鉄 103系通勤電車 初期型非冷房車)
TOMIX 国鉄 103系通勤電車 初期型非冷房車

交換は、ただ差し替えるだけですので、自作の室内灯もそのまま移して、作業は完了です。
(写真2 TOMIX 103系 初期型非冷房車 モハ102)
TOMIX 103系 初期型非冷房車 モハ102

ちなみに、モハ102の非冷房車と冷房車の床下は、KATOの103系同様に、作り分けられています。
(写真3 TOMIX 非冷房車と冷房車のモハ102床下)
TOMIX 非冷房車と冷房車のモハ102床下

せっかく、6+4(7+3)で1Mが実現したところではありますが、10両貫通編成も組める中間車があるのでクモハ103、クハ103を別に活用した編成を、余剰となった動力も含めて考えています。
(写真4 京浜東北線の10両貫通で別にした非冷房車)
京浜東北線の10両貫通で別にした非冷房車

103系は、いろいろなバリエーションがあって、楽しさがいっぱいだと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する