にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の5回目・最終回です。

まずは、“箱根”をテーマにした「芝学園 技術工作部」の作品です。
高低差のある迫力のジオラマになっています。
(写真1 芝学園 技術工作部)
芝学園 技術工作部

箱根登山鉄道をイメージした風景の中には、ロープウェイも見られるなど、箱根を1畳の中に凝縮しています。
(写真2 箱根登山鉄道をイメージしたジオラマ)
箱根登山鉄道をイメージしたジオラマ

山を下りてくると、箱根湯本駅とわかる駅もあります。
小田急のロマンスカーも到着しています。
(写真3 箱根湯本駅とロマンスカー)
箱根湯本駅とロマンスカー

つづいては、“中央本線”をテーマにした「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
勝沼ぶどう郷駅をメインにしています。
(写真4 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

レイアウト全体は、甲府盆地を意識したのどかな景色となっていますが、桜が咲くシーズンという設定で、とても明るいイメージです。
(写真5 勝沼ぶどう郷駅など)
勝沼ぶどう郷駅など

ジオラマの前には、同駅の列車案内が表示されるモニターも設置されていました。
(写真6 ジオラマ前のモニター)
ジオラマ前のモニター

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、5回にわたり掲載してきましたが、今回で最終回となります。
なお、モジュール部門と同様に、写真が撮れているものは、すべての参加団体(校)を掲載しています。しかしながら、出展はとても多く、限られた時間の中であるため、残念ながらご紹介ができなかった団体がありましたら、どうかご容赦いただければと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する