にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
なかなか調子がよくならず、更新間隔が開いてしまうことが続いていて申し訳ありません。
今回も、鉄道模型コンテストの話題の続きで更新します。

2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の4回目です。

1校目は、信越本線横川駅付近など“碓氷峠”をテーマにした「桐蔭学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
横川機関区(横川運転区)をイメージして、たくさんの電気機関車や客車などが見られます。
(写真1 桐蔭学園高等学校 鉄道研究部)
桐蔭学園高等学校 鉄道研究部

横川駅付近ということで、峠の釜飯で雰囲気を盛り上げています。
(写真2 碓氷峠・横川駅付近をテーマにしたジオラマ)
碓氷峠・横川駅付近をテーマにしたジオラマ

2校目は、“春告ぐ鶯、桃を経ちて”というタイトルの「京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部」の作品です。
レイアウト上の奈良線で活躍する103系や205系などの車両が、イメージした風景の場所をアピールしているようです。
(写真3 京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部)
京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部

主に住宅地の中を列車が通っていきますが、切り通し区間なども作られています。
(写真4 切り通しの区間)
切り通しの区間

3校目は、“山の中をループする、大きなレイアウトの「東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部」の作品です。
最上段の鉄橋から、トンネル区間(地下)まで、高さを変えて複数の線路が通っています。
(写真5 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

いろいろな列車が、トンネルから出てきたり消えたりして、おもしろい設定となっています。
(写真6 いろいろな列車が出てきたり消えたり)
いろいろな列車が出てきたり消えたり

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、次回が最終回となります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する