にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の3回目です。

1校目は、“江ノ電(江ノ島電鉄)”の沿線をテーマにした「早稲田高校 鉄道研究部」の作品です。
1畳の中に凝縮された湘南の風景がすてきです。
(写真1 早稲田高校 鉄道研究部)
早稲田高校 鉄道研究部

まずは、JR横須賀線との乗換駅にもなっている鎌倉駅です。
特徴のある駅舎も、ミニサイズでまとまっています。
(写真2 JR横須賀線・江ノ島電鉄 鎌倉駅)
JR横須賀線・江ノ島電鉄 鎌倉駅

単線の江ノ電は、各所で対向列車の待ち合わせ(列車交換)を行いますが、そんな様子も見ることができます。
(写真3 対向列車の待ち合わせ)
対向列車の待ち合わせ

また、背後に湘南モノレール(湘南江ノ島駅)が見えるあたりの丘には、江ノ電をはじめとする関連各社のキャラクターも作られています。
(写真4 丘の上の鉄道キャラクター)
丘の上の鉄道キャラクター

1校目は、“路面電車”が通る街の「海城中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
少し前の都電荒川線をモチーフにしたような感じのレイアウトです。
(写真5 海城中学高等学校 鉄道研究部)
海城中学高等学校 鉄道研究部

メインの路面電車は車庫のシーンもあります。
(写真6 路面電車の車庫)
路面電車の車庫

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、まだ、続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する