にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の2回目です。

まずは、スタジオジブリのアニメーション映画“天空の城ラピュタ”をテーマにした「白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班」の作品です。
(空中)海賊のドーラ一家に追われる炭鉱の街のシーンを再現しています。
(写真1 白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班)
白梅学園青修中高一貫部 鉄道模型デザイン班

橋の下から空まで、1畳のスペースを十分に生かしています。
(写真2 天空の城ラピュタのシーンから)
天空の城ラピュタのシーンから

ポイントとなるシーンは、詳細に作られています。
(写真3 詳細なシーンの作り)
詳細なシーンの作り

木で組まれた橋など、アニメのシーンを見事に立体化していて、トロッコの車両も実際に走行します。
(写真4 アニメのシーンを見事に立体化)
アニメのシーンを見事に立体化

つづいては、“郷愁の一夏”というタイトルの「鎌倉学園中学高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
地方私鉄のローカルな景色をレイアウトにしています。
(写真5 鎌倉学園中学高等学校 鉄道研究同好会)
鎌倉学園中学高等学校 鉄道研究同好会

路線バスが通過するシーンなど、どこも、のんびりした山の風景を楽しむことができます。
(写真6 のどかな風景)
のどかな風景

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する