にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の48回目・最終回です。

まずは、“ギリシャの夏”というタイトルの「東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会」の作品です。
アテネの市街地を通る鉄道風景を表現したものです。
(写真1 東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会)
東京都立三鷹中等教育学校 鉄道研究同好会

沿線の建物がとてもよい雰囲気を出しています。
また、日本の貨物列車ではありますが、妙にマッチしているようにも感じます。
(写真2 アテネの市街地のモジュールから)
アテネの市街地のモジュールから

つぎは、JR中央線“国立駅”を再現した「桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班」の作品です。
学校の最寄り駅であり、旧駅舎の再築をきっかけとして、モジュールの製作に取り組んだとのことです。
(写真3 桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班)
桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班

ホームのつくりや機器類の箱など、細かなところにも力が入っています。
(写真4 JR中央線国立駅)
JR中央線国立駅

最後は、“山奥の線路”というタイトルの「桐朋高等学校 交通研究部 鉄道研究班」の作品です。
夏休みの思い出を、モジュールにて表現しています。
(写真5 帝京中学校・高等学校 模型同好会)
帝京中学校・高等学校 模型同好会

一見合わなそうなE235系の山手線が、出展作品全体を通る車両として通過していきますけれど、同系列は他線にも導入されるようですので、そんな光景が見られることもあるのかもしれません。
(写真6 山奥の線路のモジュールにE235系が通過)
山奥の線路のモジュールにE235系が通過

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、48回にわたり掲載してきましたが、これで終わりとなります。
写真が撮れているものは、すべての参加団体(校)を掲載しています。しかしながら、出展はとても多く、限られた時間の中であるため、残念ながらご紹介ができなかった団体がありましたら、どうかご容赦いただければと思います。

鉄道模型コンテスト2018については、他の部門の掲載(一部は、続き)も予定てします。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する