にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ご心配をおかけしていて申し訳ありません。
あまり、変わりありませんが、悪くなることは避けられているので、回復に努めていきます。
皆様のご訪問は、励みにもなり感謝しております。

さて、少しがんばりまして、2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の47回目です。

1校目は、“阪神電車の高架切替工事”を再現した「神戸市立科学技術高等学校 鉄道研究会」の作品です。
数年前に乗車したとき、実際にら工事しているところを見たとこもあり、とても上手に表現していると思います。
(写真1 神戸市立科学技術高等学校 鉄道研究会)
神戸市立科学技術高等学校 鉄道研究会

工事が完成すると使われなくなってしまう踏切が、新しく切り替わる高架下から見えるところも面白いところです。
(写真2 立体交差化工事と踏切)
立体交差化工事と踏切

工事している場所のシーンも細かく作られていますかけれど、一方で電飾などにもこだわりがある作品です。
マンションの内部は、室内照明のほか、家具なども置かれています。
(写真3 マンションの室内と電飾)
マンションの室内と電飾

2校目は、“路面電車の走る街”というタイトルの「群馬県立前橋高等学校 鉄道研究部」の作品です。
都電荒川線(東京さくらトラム)をテーマにして街を構成しています。
(写真4 群馬県立前橋高等学校 鉄道研究部)
群馬県立前橋高等学校 鉄道研究部

都電の見せ所の一つでもある交差点を曲がるシーンなども、いい感じに魅せてくれています。
(写真5 都電荒川線など)
都電荒川線など

3校目は、“城と鉄道の「青洲」”というタイトルの「開智中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR東海道線や名鉄線が通る青洲城周辺をモデルにして、桜の咲く季節が美しく表現されています。
(写真6 開智中学・高等学校 鉄道研究部)
開智中学・高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、いよいよ次回が最終回となります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する