にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の46回目です。

1校目は、JR京浜東北線“大森駅”を再現した「岩倉高等学校 鉄道模型部」の作品です。
駅ビルの“atre”なども同駅の特徴の一つとなっています。
(写真1 岩倉高等学校 鉄道模型部)
岩倉高等学校 鉄道模型部

京浜東北線のわきを通過する東海道線(上野東京ライン)や、古い小さな建物が多く残る様子なども表現されています。
(写真2 大森駅のモジュールから)
大森駅のモジュールから

2校目は、京成線などの“町屋駅”を再現した「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東京メトロ千代田線や都電荒川線(東京さくらトラム)など、複数の路線が通ります。
(写真3 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

荒川線の線路のポイントなど、細かいところもこだわりがあり、高架からの景色も、いい感じになっています。
(写真4 町屋駅のモジュールから)
町屋駅のモジュールから

3校目は、“山中の集落”というタイトルの「長岡工業高等専門学校 模型同好会」の作品です。
夏ののどかな田舎の景色をモジュールにしています。
(写真5 長岡工業高等専門学校 模型同好会)
長岡工業高等専門学校 模型同好会

川から線路方向を見た景色などもすてきです。
(写真6 川からの眺め)
川からの眺め

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、あと2~3回ほどの予定となりました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する