にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
新年早々からいろいろとありまして、予告なく更新が滞ってしまい、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
また、本年も引き続き、皆様にご訪問いただいていますことを感謝しております。
さて、更新再開は、鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門の続きからです。

2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の45回目です。

1校目は、“思い出の車両へ~ありがとう~”というタイトルの「東京都立小石川中等教育学校 物理研究会鉄道班」の作品です。
長瀞(秩父鉄道)や西国分寺(中央線)付近などを参考にして制作されたものです。
(写真1 東京都立小石川中等教育学校 物理研究会鉄道班)
東京都立小石川中等教育学校 物理研究会鉄道班

地方の風景の中、長年活躍した車両が最後の走行となる様子をモジュールにしたものです。
(写真2 中央線などをイメージしたモジュール)
中央線などをイメージしたモジュール

2校目は、アメリカ合衆国のカルフォルニア州“サン・クレメンテ・ピア”を再現した「八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム」の作品です。
建物や植物などから、おおよその地域も伝わってきます。
(写真3 八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム)
八洲学園高等学校 創造分野アートプログラム

色鮮やかなピーチと、そこで楽しんでいる人々などを見ていると、とても明るい気分になってきます。
(写真4 サン・クレメンテ・ピアをイメージした風景)
サン・クレメンテ・ピアをイメージした風景

3校目は、“鉄道と夏”をテーマにした「鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
山には、大文字焼きの“大”の字も見られます。
(写真5 鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部)
鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部

線路沿いでは夏祭りが開かれていて、屋台なども数多く出店しています。
(写真6 大文字のある山やお祭りと屋台など)
大文字のある山やお祭りと屋台など

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、あと残り僅かとなりました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する