にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の38回目です。

1校目は、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)“竹ノ塚駅”を再現した「聖学院中学校高等学校 旅と鉄道部」の作品です。
連続立体交差事業が進む様子をジオラマにしています。
(写真1 聖学院中学校高等学校 旅と鉄道部)
聖学院中学校高等学校 旅と鉄道部

開かずの踏切解消のため、いずれは消えゆく光景です。
(写真2 踏切付近)
踏切付近

高架化された部分も作られていて、景色が完全に変わってしまう前の記録にもなりそうです。
(写真3 竹ノ塚駅駅のモジュールより)
竹ノ塚駅駅のモジュールより

2校目は、“憩いの駅”というタイトルの「実践学園中学高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
春の秘境駅のイメージで製作され、保存車両なども配置されています。
(写真4 実践学園中学高等学校 鉄道研究同好会)
実践学園中学高等学校 鉄道研究同好会

3校目は、JR北海道・室蘭本線“北舟岡駅”をモチーフにした「奈良学園登美ヶ丘高等学校 交通研究部」の作品です。
背後の青くきれいな海など、北海道の自然の美しさが表現されています。
(写真5 奈良学園登美ヶ丘高等学校 交通研究部)
奈良学園登美ヶ丘高等学校 交通研究部

4校目は、“Scarlet Sky”というタイトルの「多摩大学目黒中学校・高等学校」の作品です。
ものすごくシンプルな、複々線のジオラマです。
(写真6 多摩大学目黒中学校・高等学校)
多摩大学目黒中学校・高等学校

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、もうすばらくご紹介できそうです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する