にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
トミーテックのバスコレクション(鉄道模型・Nゲージ)は、川崎鶴見臨港バス(京急グループ)のお供として、新たに、横浜市営バスを入手しました。
(写真1 バスコレ 横浜市営バスと川崎鶴見臨港バス)
バスコレ 横浜市営バスと川崎鶴見臨港バス

モデルは、浅間町営業所のバスですので、車両の運用によっても、鶴01系統、鶴03系統(臨港バス・鶴見営業所)と、59系統(横浜市営バス・浅間町営業所)が、東急東横線の菊名駅や綱島駅付近くらいしか並ぶ機会はありませんが、細かいところを見なければ、臨港バスと横浜市営バスが同じバス停を共用している路線は数多くあり、なじみのある組み合わせです。
(写真2 バスコレ 横浜市営バス 44系統)
バスコレ 横浜市営バス 44系統

ちなみに、この横浜市営バスのモデルとなっている44系統は、横浜駅西口を起点に、これから開業が予定されている相鉄・東急/相鉄・JR直通線「羽沢横浜国大駅」の近く、三枚町(バス停)を通る路線です。
※同駅の工事を記録・記事にするときに、神奈中の路線とあわせて利用しています。
(写真3 全国バスコレクション 横浜市交通局)
全国バスコレクション 横浜市交通局

ジオラマのことを考えると、バスコレも少し増やしたいと思っているところです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する