にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の34回目です。

はじめは、全体が緑に覆われているモジュールの「高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部」の作品です。
ビルや道路など、すべてが自然に帰っていくよな感じです。
(写真1 高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部)
高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部

下から見上げると、廃墟でありながらも、芸術的な雰囲気があります。
(写真2 緑に覆われているモジュールより)
緑に覆われているモジュールより

草木や錆など、とても細かく、リアルに再現しています。
(写真3 車やガードレールも緑に)
車やガードレールも緑に

つづいては、中央本線が通る“木曽谷”を表現した「国立長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会」の作品です。
モジュールの中に、秋の様子をギュッと凝縮したようなつくりになっています。
(写真4 国立長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会)
国立長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会

紅葉する山のトンネル内には、LEDのライトが点灯しています。
(写真5 中央本線・木曽谷のモジュールより)
中央本線・木曽谷のモジュールより

鉄橋下のきれいな川の流れと河原の表現もすてきです。
(写真6 川のつくり)
川のつくり

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ、しばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する