にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の5回目です。

今回は、懐かしいタイプの鉄道模型が集う「零番三線式の会」の皆さんで、三線式のOゲージです。
(写真1 JAM2018~零番三線式の会)
JAM2018~零番三線式の会

見かける機会が少ない、線路幅が広く、車両の大きいOゲージですが、なかでもこのタイプは車両の長さが短くデフォルメされたものです。
現在は16番(HOゲージ)で有名なカツミなども、かつては、このタイプが中心でした。
(写真2 客車など)
客車など

今でも名前を聞くメーカーを含め、各社で微妙なつくりのちがいがあるということで、いろいろと教えていただきました。
(写真3 電気機関車各社)
電気機関車各社

流線形車両が続々と登場した時代もありましたけれど、丸みのあるデザインは美しいと思います。
(写真4 丸みのあるデザインの車両)
丸みのあるデザインの車両

なお、車両と線路だけではなく、ホームなどの情景もあり、現在でも魅力たっぷりの鉄道模型です。
(写真5 三線式Oゲージのホームなど)
三線式Oゲージのホームなど

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、自らも出展した関係でご紹介できるのは一部ではありますが、あと少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する