にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の32回目です。

まずは、“競技場”をモジュールにした「成城中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR中央線沿いの新国立競技場(完成予定)と思われるモジュールです。
(写真1 成城中学・高等学校 鉄道研究部)
成城中学・高等学校 鉄道研究部

オリンピックや競技種目の看板も設置されています。
(写真2 オリンピックの看板)
オリンピックの看板

競技場内のトラックも、きちんと作られています。
(写真3 競技場内のトラック)
競技場内のトラック

2校目は京浜急行線、“鮫洲駅”を再現した「獨協高等学校 鉄道研究部」の作品です。
LEDの電飾が目立つ作りになっています。
(写真4 獨協高等学校 鉄道研究部)
獨協高等学校 鉄道研究部

なお、円形に少し出たファーストフード(建物)を表現したり、2100形が同駅を通過中となっています。
(写真5 京急線鮫洲駅のモジュールから)
京急線鮫洲駅のモジュールから

3校目は、豊橋鉄道“豊橋公園前停留場”をモデルにした「愛知県立豊橋工業高等学校 模型部」の作品です。
路面電車の線路を、一般的な電車の規格に合わせてアレンジして、モジュールを構成しています。
(写真6 愛知県立豊橋工業高等学校 模型部)
愛知県立豊橋工業高等学校 模型部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、もうしばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する