にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の31回目です。

まずは、JR山陰本線“保津峡駅”を表現した「京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
同駅の秘境駅感を、いろいろと工夫を凝らして再現しています。
(写真1 京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部

このモジュールは、駅などの配置が面白く、駅を下から見上げてもいい感じです。
(写真2 保津峡駅を下から見上げる)
保津峡駅を下から見上げる

木々や岩なども丁寧に作られていて、線路には架線も張られています。
(写真3 ホームや架線など)
ホームや架線など

つづいては、JR中央線“日野駅”をモデルした「武蔵高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
特徴のある駅舎など、周辺の雰囲気をそのままモジュールにまとめています。
(写真4 武蔵高等学校中学校 鉄道研究部)
武蔵高等学校中学校 鉄道研究部

駅周辺のバスなども、イメージに合わせています。
(写真5 JR中央線日野駅のモジュールから)
JR中央線日野駅のモジュールから

通路側からのぞけないところの細かい作りは、鏡を使って見えるようにしています。
(写真6 見えないところを鏡を使ってアピール)
見えないところを鏡を使ってアピール

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する