にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の29回目です。

1校目は、東京の“日本橋”付近を再現した「市川中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
紙を中心とした素材で、三越など特徴的な情景を作り上げています。
(写真1 市川中学校・高等学校 鉄道研究部)
市川中学校・高等学校 鉄道研究部

都営バスが行きかう交差点に、ラムネを売る人がいるもポイントです。
(写真2 ラムネを売る人)
ラムネを売る人

2校目は、“堀の水をすべて抜く”というタイトルの「東京都立町田工業高等学校 鉄道部」の作品です。
小田原城をモチーフに、アレンジを加えてた情景としています。
(写真3 東京都立町田工業高等学校 鉄道部)
東京都立町田工業高等学校 鉄道部

水が抜かれたところに、多くの人々が集まっています。、
(写真4 城の堀の水抜き)
城の堀の水抜き

2校目は、“弐拾年前の記憶”というタイトルの「攻玉社学園 鉄道研究部」の作品です。
近鉄大阪線大阪教育大前駅と東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅付近をモデルにしています。
(写真5 攻玉社学園 鉄道研究部)
攻玉社学園 鉄道研究部

赤い橋ときれいに表現された川の組み合わせもよく、その後ろを通過する列車(中央線)ともいい感じです。
(写真6 赤い橋と川の流れ)
赤い橋と川の流れ

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する