にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の28回目です。

1校目は、“防波堤に座る男”がテーマになっている「滝中学校・高等学校 滝ジオラマづくりグループ」の作品です。
※団体名のカードが見当たらなかったため、2017年のエントリー名で掲載しています。
きれいな海岸の表現が、夏の楽しみを思い起こします。
(写真1 滝中学校・高等学校 滝ジオラマづくりグループ)
滝中学校・高等学校 滝ジオラマづくりグループ

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、さらに作品を紹介していきたいと思っています。
市販の建物情景を使うなどして、海岸付近の街並みが作られています。
(写真2 海岸の情景より)
海岸の情景より

2校目は、JR日豊本線・鹿児島~竜ヶ水間の“仙厳園”をモデルにした「ラ・サール中学校・高等学校 鉄道研究会」の作品です。
線路沿いにある島津家別邸「仙巌園」をアレンジして、モジュールにしています。
(写真3 ラ・サール中学校・高等学校 鉄道研究会)
ラ・サール中学校・高等学校 鉄道研究会

また、明治日本の産業革命遺産で、世界遺産の尚古集成館の反射炉を3Dプリンターで作るなど、細部のこだわりもあります。
(写真4 3Dプリンターで作った反射炉など)
3Dプリンターで作った反射炉など

2校目は、“春風薫る街”というタイトルの「幸福の科学学園 鉄道研究部」の作品です。
東急池上線石川台駅をモデルにしています。
(写真5 幸福の科学学園 鉄道研究部)
幸福の科学学園 鉄道研究部

この作品も、完全再現というわけではなく、ベースとなる情景を生かして、モジュールとしてより映える作品に仕上げています。
駅に入線中の列車も京急のようです。
(写真6 東急池上線をモデルにしたモジュールより)
東急池上線をモデルにしたモジュールより

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだ、しばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する